スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大根のその後

432367_10151211010015345_961240922_n.jpg
カズが竹林から竹を切って来てくれて、干し竿ができました。

そこに、ずらりぶらり、とぶら下げた。

67790_10151211010095345_466861480_n.jpg
夜は凍傷を防ぐために毛布で包むことに。

大根が凍ると、スが入り、たくあんにしたときの歯ごたえがなくなるの。
だから毎晩、包んであげます。

425575_10151211010160345_1721510134_n.jpg
下にあるのは、大豆の山。

なかなか風情が上がってきた我が家の軒下です。

Om Shanti.

スポンサーサイト

大根収穫

432265_10151209466040345_1308427768_n.jpg
昨日の朝、出遅れぎみに大根収穫。どーんと35本!
たくあんの仕込みにはいります。

537743_10151209466120345_1369322433_n.jpg
いやー、カズ、おみごと。
いい大根が育ってます。

まっすぐと地球の真ん中に向かって
根を下ろしてる感じするよね!

197823_10151209466175345_452810382_n.jpg
家に持ち帰り風呂場で泥をおとし、本当はぶら下げるところまで
行きたかったんだけど、へこたれました。

とりあえず、縁側におく。

今朝、紐でくくる作業をしながら、あまりの手の冷たさに泣けてきた。

雨戸も閉めてるのに、窓際に置いた大根は凍ってるし。

やってみてわかる、日本の伝統の中にある、ひと手間の大変さ。
でも寒い冬を越すための智慧だもんね。

むかしのお母ちゃんたちはすごい!

さぁ、いい具合に干せるかなー。凍らないように気をつけないと。

Om Shanti.

「今ここ」の美

20121125IMG_3838.jpg
先日、陣馬山に登った時の話。

頂上まであと10分、最後、急な上り階段を残すのみ!というところ。

私たちは15人ほどのグループだったから、それまでも足の早い方には、
道を開けて先に上ってもらってた。

その時も、後ろから大きな三脚と立派なカメラを抱えた、そうだなー、
60歳くらいの、モロ、プロカメラマン風情のおじさんがスタコラと歩いてきた。

私たちは、もちろん全員右に寄って、そのおじさんを通すことにした。

すると、そのおじさん、私たち15人が縦にずらりと並んだところを追い越す間、

なんと、3回も!

「今日はもう全然ダメだな、紅葉は終わってるよ。先週の方がずっとよかった。」

的なことを言い残し、頂上に向かって行ったんだよ。

列の最後尾にいた私とスタッフの女性2名、思わず目を合わせて、
目をくりくりさせちゃって、え?なにいまの?って感じに。

私だって、つい、なんなんだあのオッサン、的な心の反応湧き上がってきたし。

そして想う、「比較してイイことはないなー」と。

それから、3人で話をした。

やっぱりさ、何かと何かを比較して、優越、善し悪し、順番をつけることって、
時にものすごく無意味だよね、と。

だって、今日私たちが見てきた山の風景、空の青さ、空気の澄み具合、
それはそれは気持ちがよくって、最高の登山だったんだ。

そこにあのおじさんのひと言・・・。

私たちグループのメンバーも、そんな言葉に心が動揺した人はいないと思うけど、
リーダーである男性は後から、やっぱりあれはマナー違反だ、と、言ってた。

でもね、スタッフの女性のひとりは、実は先週、下見でこの山を登ってた。
その彼女が素晴らしいことを言ってくれたんだ。

「確かに、山の木々の紅葉は先週の方が色鮮やかだったかもしれない。
 でもね、今週は、落ち葉で埋め尽くされた、この地面がすごく綺麗」と。
20121125IMG_4725.jpg

私、この言葉に、心が動いた。

すべては、一瞬一瞬移り変わってて、そのすべての状態が実はパーフェクトで。

その「今ここ」に在るものに対して、心開いて、フォーカスして向き合うことで、
そこに在る「美」に気づける。

自然とは、本来、美、以外の何物でもなくて、
そこに起きてることは、間違いなく完璧なんだから。

でもね、あのおじさんは、この自然を「商品」として見てるんだよね。
そりゃプロだから、商品の賞味期限、として捉えるんだろうけど。

でも、そんな人の写真は、きっと、たいしたことない!なんて想っちゃったりして。

だって、そこに愛がないもん。

ファインダーを通して、レンズを通して、その人の心が映し出されているから、
心動かす、すばらしい写真が、生まれるんだって私は思うもん。

とはいえ、山を登りながら、こんなテーマで仲間と会話ができたことも、
ある意味、素晴らしいこと。

これは、あのおじさんのひと言からの恩恵。

さらに昨日のクラスの冒頭も、この話をシェアして、

健全な比較、ただ違いに気づきそれをありのまま観る、というヨガのテーマにまで
昇華させちゃったりして、それもまた、あのおじさんから恩恵。

そう思うと、おじさん、ありがとう的な・・・(^^)

まぁ、何事も、起きた出来事から何を学ぶか、どう受け取るか、って話で、
これはこれで、パーフェクトな出来事、ってことになるね。

はぁ、「今ここ」の美に、気づいていたい!

Om Shanti.

日々成長

542710_10151171773655345_1101547001_n.jpg
日頃、コツコツ畑仕事に勤しみ楽しんでるカズ。
力仕事は得意だけど、細かな間引きはちょっと苦手。
大きな手でゴッソリ引き抜いちゃうらしいσ(^_^;)

なので、今日は朝から私が畑に出てカブの間引きやら収穫やらを。

採れたてのカブの味、まるでフルーツみたいに甘くてまろやか、
初めて知った味でした。

552231_10151171773780345_1265932238_n.jpg
冬瓜は今年ラストだなー、巨大なのがゴロゴロ採れました。

554122_10151171773890345_61366724_n.jpg
そして発芽に苦労した人参だけど、育ってくれたコはまぁ立派になったこと!

今日も、大地にありがとう。

Om Shanti.

黒大豆味噌、あけました。

545352_10151162707735345_1682488574_n.jpg
今年の2月に仕込んだ黒大豆と米麹のお味噌。
今日からいただきます。

手前味噌ですがσ(^_^;)、本当に美味しい味噌に仕上がり、
あー幸せ(o^^o)
まずはお昼の味噌汁から。

麹菌よ、そして時の流れよ、ありがとう。

Om Shanti.

大根葉の天日干し

400207_10151162555910345_791477168_n.jpg
おろぬき(間引き)した大根葉をきれいに洗って天日干し、
今日で3日目。晴れが続いてて嬉しい。

しんなりしたら陰干ししてカラカラにして保存。

干した大根葉は冬のカラダを暖める効能がたっぷり、もちろん無農薬だから安心。

畑には青首大根が100本ほど、今年は初めてのたくあん作り、チャレンジです!

できんのかなー、と沸き上がる不安をよそにスクスクと成長してるから、
そろそろ準備はじめなきゃー。

314215_10151162556010345_878328651_n.jpg
糠にみかんや柿の皮を入れると甘味もつくらしく、
せっせと干してこちらも保存。

農家のおかあちゃんに休みなし。

Om Shanti.

日々成長

20121023IMG_3261.jpg
枝豆畑の色合いが変わってきてる。

青々とした夏の色から、秋、そして冬へ。
黄色く色づき、茶色く枯れて、豆がぎゅっと凝縮すると、
大豆の収穫が近づく。

ちなみに、この少し色づいた黄色くなった枝豆が、
すごく美味しいってことを知った。

流通しない味。
自分で作るからこそ楽しめる味。

野菜たちの、いろんなプロセスを楽しめるのは農家の特権かもね。

20121023IMG_3262.jpg
こちらは、蕪。
少しおろぬきます。

20121023IMG_3263.jpg
そろそろ終わりかけのトマト。
蕪のおろぬき葉。

そして枝豆。

今日はこれからマキさんと打ち合わせ。
これをお土産にもってきます!

Om Shanti.

枝豆初収穫

20121003edamame_20121005200231.jpg
7月半ばに定植した枝豆たち。
先日の台風にも耐え、収穫までこぎつけました。

いい感じでお豆ぷっくら。
カズも、ぷっくらしちゃってねー(*^^*)

20121003IMG_2641.jpg
そして私の出番。
縁側に腰掛け、蚊取り線香たきながらひとつひとつ鞘を取る。

今日のBGMはレゲエでいきました。
こういう根気がいる作業はゆるめがいいからねー。

20121003IMG_2634.jpg
この枝豆たち、3株分。
たった3粒の大豆から、これだけの枝豆がとれると思うと、
なんともうれしい。

20121003IMG_2624.jpg
にゃんだは育苗棚の上で、応援。

10月半ば、後半、枝豆収穫祭、やりたい。

そして残るはあと数か月。
立ち枯れさせて大豆にします。

来年は、みんなと一緒にお味噌仕込めそうだね。

おだやか家も少しずつ稼働していきたいなー。

Om Shanti.


日々成長

20121005冬瓜
冬瓜、巨大。

これ食べごろ。

前の畑のこぼれ種。

勝手に芽をだし、勝手に実をつけ、
勝手にここまで大きくなってくれました。

まだまだ育ちまくってるから、
みんなにあげまくってます。

Om Shanti.

天然毛 馬の毛の歯ブラシ

301309_10151113483375345_210265818_n.jpg
前から使ってみたかったもの、
先日立ち寄ったスーパーに並んでて即買い。

ナイロンの歯ブラシが軋む感じがずーっとイヤで。

特にふつうサイズの歯ブラシですら、口の中での存在感が強すぎて、
GUMの子供用、一番コンパクトなのを使ってました。

で、天然毛の歯ブラシ使いたいなー、と思いながら先延ばしにしてたんだけど。

いやー、この馬の毛歯ブラシ、柔らかい、優しい、気持ちがいいと三拍子揃って、
本当気に入っちゃった。

歯や歯茎へのあたりが自然、ソフト、弾力が気持ちいい。
歯磨きが楽しくなるよー(^_^)q

ちなみに、アラウは洗濯洗剤と歯磨き粉を愛用してます。

おすすめ☆

Om Shanti.


プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。