スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

第二の脳だよ、腸は。

『タオ人間医学』と『気内臓療法』を読みながら、
やっぱり、プラクティショナーのプロの施術を受けてみたい!と思うようになり、
HPでいろいろ検索して、いくつかのサロンを探し当てた。

その中で、いちばんフィーリングが合ったのが、
Tao Alchemia の Tarikaさん。

すぐに予約を入れ、年末に行ってきた。

場所は神楽坂。

この町、以前、住もうと思って不動産めぐりしたよなー、なんて思いながら、
『亀井堂』のクリームパンと栗あんパンを手に入れ、
すぐに食べたい衝動を、いや、これからチネるんだから、と自分に言い聞かせ、
商店街を散策しながら、サロンに向かいました。

その日のセッションは、初回なので90分。
30分ほどのカウンセリングのあと、さっそく60分間のチネイザン!

はぁ、わくわくする。お腹だけを60分も触られたら、
もうアチラ側に行っちゃうでしょ、って気分。

Tarikaさんの施術は、本当に気持ちがよかった。
私の呼吸を見ながら、寄り添いながら、とても優しく、深く、まんべんなく。

腸だけでなく、胃や肝臓にも丁寧に触れていき、手を差し込みながら、
そこに向かって呼吸を流し込むこともする。

ヨガのおかげで、意識したところに呼吸を送ることは得意なので、
その効果をすごく感じることができたと思う。自分でやるのとは全然違う感覚。
全身リラックスして、委ねきる安心感は極上だね。

そして、このセッションの私のハイライト。

肝臓を強く押されてそこに呼吸を流し込んだ時、ふと、父親の顔が浮かんできた。

「っていうか、なんで今、あなたなの?」

と思いつつ、私はそれを傍観しながら、肝臓に対して内笑瞑想をした。

肝臓の形を思い浮かべ、右あばらの下にあるその大きな臓器をイメージして、
そこに微笑みかける。すると、まるで肝臓が、こちらに微笑み返してくれるような
そんなイメージが沸いてくる。

その時、私は感じた。私、お父さんに微笑みかけてたんだ。
すると、お父さんも、私に微笑み返してくれた。

はぁ…。

なんだ、コレ。

涙があふれてくる。


肝臓は、よくいわれる通り、怒りの臓器、です。

今でこそ、私はほとんど怒らなくなったけど、
以前の私は、本当に短気で怒りっぽく、いつも導火線に火がついてる状態だった。

私は大酒飲みだったので、肝臓への負担が相当なものだったんだな。
また大腸の滞りは、毒素を血中に戻し、肝臓や腎臓への負担も増える。

肝臓の弱りは怒りっぽい人を作るんです。

チネイザンが、感情の浄化になる、ということを実感しました。

そして、セッションも終り、ハーブティをいただきながらTarikaさんとおしゃべり。

私のお腹はどうだったか聞いてみた。

私はベジタリアンだし、お酒もやめ、早寝早起きの暮らしをしてる。
つまりあんまりストレスがない、ってこと。
さらに、日々のヨガ、そして日々のセルフチネイザンのおかげで、
一般的な人のお腹よりは、かなり柔らかく、状態はいいそう。

ただ、彼女が私にくれた言葉は、

「あんまりキチンとしなくていいんじゃないかなー?
 人生、半分冗談くらいでいいかもよ、もともと根が真面目なんだから!」

「あなたのお腹を触って、今私が言えることは、そのくらいかなぁ。」って。

私、この言葉を聞いて、また泣いちゃった。
っていうか、この言葉を聞きにここに来た、って気がして。

本当に、人との出会いや、自分に必要なことって、
自然と訪れてくるもんだな、と実感。

あとね、お腹が柔らかくなると、頭も和らいでくるよ。
マインドが鎮まる感じがするんだ。

そして、表情も優しくなるみたい。
単純に排毒のおかげで顔色がよくなったり、むくみが取れたりするし、
宿便が溜まっている不快感から解放されるから、快適なんだよね。

それに、腸は第二の脳と言われる臓器だからね。
大切にしないとね。

あと、そうそう、これは後日談。
翌日ね、自分でも驚くほどの、超、快便でした!!!

うそーってくらい!!!
あらら、こんなに溜まってたんだ~!と、まじ、焦りました

ということで、すっかりチネイザンにはまった私です。


Om Shanti.


スポンサーサイト

気内臓(チネイザン)療法

数か月前のこと、いつも通ってる鍼灸の田中先生に、
「気や経絡についてより詳しく学びたい」と相談したら、
すぐに2冊の本を紹介してくれた。

1冊目は経絡の専門書『針灸学-経穴篇-』
412F251ZAXL__SL500_AA240_.jpg


そしてもう1冊が『タオ人間医学』
tao.jpg


この2冊、本当に素晴らしい本で、
特にこの『タオ人間医学』は、寝る間も惜しんで、というくらい夢中で読んでます。

この『タオ人間医学』の著者である謝明徳(マンタク・チャ)老師は、
タイ出身の中国人で気功を教えている方です。

幼少のころから、道教、気功、武術の伝承者から、タオに伝わる秘儀を習得。
その密教的な秘密主義を排して「ヒーリング・タオ」として体系化し、
今では世界各国で「誰にでもできる心身のトレーニングシステム」として、
普及活動をしている。

そして、この「ヒーリング・タオ」の一部門として位置づけられてるのが、
この「チネイザン療法」という、内臓へのマッサージ、ヒーリング手技なのです。

『気内臓療法』
418C24Z1MCL__BO2,204,203,200_PIsitb-sticker-arrow-click,TopRight,35,-76_AA240_SH20_OU09_


お腹や内臓の中には、私たちが摂取し消化しきれなかった物質的なもの(つまり飲食)、
さらに感情的なもの(さまざまなストレス)が蓄積されてるとして、指圧をはじめとした
気功療法としてマッサージを施しやわらげていく。

そのことで、気や血液を淀ませ滞らせてる毒素や、感情的な緊張を取り除き、
臍のセンターエネルギーを活性化していく。

この部分を活性化、そして浄化することで、体内の気が再び流れはじめ、
宇宙からの天地のエネルギーを摂り入れ充満させることができ、
私たちは、心と体と魂レベルでの統合がはかれる。

内臓と感情の密接なつながりに、手技を通して直接働きかけることで、
心身魂のバランスをはかり、トータルとしての生命力を高めていく。

というもの…かな?
(まだまだ学び始めな私には、この奥深い智慧をまとめて書く力量がないなぁ。)

とはいえ、実は私は、お腹マッサージマニアでして…
マクロビオティックの久司道夫先生の『導引』を読んでいらい、
ほぼ毎晩、お腹をマッサージしてから寝ている。
51d5pKLW5hL__SL500_AA240_.jpg

その後、『病気にならない生き方』で有名な新谷弘実先生の本からも、
心身の健康と腸相(腸の状態)の関わりにも興味を抱いてた。

さらに砂沢佚枝さん(いさざわやすえ)が提唱する、腸セラピーの本も読み、
ますます、腸に興味を持っていた。

そこへこのチネイザンがやってきた!
私にとっては、腸、いや、超!はまり、です

私はもともと便秘症だしお腹が張るタチなので、
最初は硬くて全然手が入っていかなかった。
しかも触ると鈍い痛みがあった。

でも、根気よく毎日続けてたら、しだいにお腹の表面がやわらかくなり、
奥の方に指先が入りこみ、おへそ周りのしこりや硬さが減ってきた。

すると、大腸のどの部分が特に凝っているかわかるようになり、
そこを重点的にマッサージしてあげることで、大腸の裏側にまで
指が入るようになってきた。

寝る前にこれをやることで、日々の排便も比較的スムースになり
便秘も和らいできた。

便秘が和らぐと、慢性的な腰痛も軽くなり始め、気持ちが軽やかになる。

さらに、内臓に意識を向けること、つまり、自分の内側を見る目が養われてきて、
自分の胃や肝臓、すい臓がどこにあるのか、手で触れるようになってきた。

その内臓へ微笑みかける「内笑瞑想」を実践してみると、
日頃の働きすぎのストレスでキューキュー言ってる内臓たちが、
にっこりと微笑んでくれて、体をいたわる気持ちが生まれてきた。

自分をいたわる、そして愛する心が増してきた。

私が癒されていく。

さらに大切なことは、私を癒しているのが「私」だということ。
セルフヒーリング、自己治癒、自己癒し。

これは自分を信頼する心につながり、自分を取り戻すプロセスそのものだった。


ヨガと出会って、マクロビオティックやアーユルヴェーダを学ぶことで、
古代から伝わる「生命科学」を知り、ライフスタイルを大きく変えてきた私。
その中で興味を持って学んできたことが、すべて集結しTAOにたどり着いた。

ヒーリングタオとの出会いが、ヨガを一層深めてくれるツールになる、と
直感で感じた私。

そして、最近、ついに老子の思想にもつながり始めた。

自分の進む道が見えてきた実感。学び続ける楽しみを感じてます。

ゆっくりシェアしていきたい。

そして、同じアンテナを立てている人たちとつながっていきたい。
それが、私のライフワークなんじゃないか、と感じている。


Om Shanti.


プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。