スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ツウは味噌汁に・・・

59471_10151173248600345_132212526_n.jpg
朝の代行を終えて充実感と共に向かう先は、
下北沢の老舗自然食レストラン、ありしあ。

今日は絶対サンドウィッチ!とココロに決めてきたんだ。

先日、けいちゃんとツウはセットドリンクをコーヒーから
味噌汁に変えるって話をして、さっそくお願いしてみました。

パンと味噌汁の組み合わせは、子供のころから我が家では定番だったなー。
ふぅ、お、ち、つ、く。

Om Shanti.

スポンサーサイト

台湾素食 萬和樓

20120906yokohama.jpg
2年ぶりの中華街。

友達夫婦と一緒に、台湾素食の萬和樓に行ってきました。

2年前に来た時の記事を見つけたから、一応リンク(^^
獅子舞にかまれて大喜び、大興奮したんだよねー。

日が暮れる前の中華街、ネオンがつきはじめて街が活気づく、
そんな中を4人で歩いてたら、なんか学生時代のダブルデートみたいで、
ひとり妙に沸き立つ私。

わくわくするなー。

途中、チャイハネ・カヤで盛り上がり、
ぼちぼち歩いて、関帝廟の前にある萬和樓に到着。

20120906yokohama2.jpg
インドについでベジ人口の高い台湾。
非暴力、アヒンサの信念が根付いてるんだね。

五羣も抜いた精進料理。大豆やこんにゃくを使って、クオリティの高い
もどき料理を作る台湾素食。

この前菜プレートなんて、カラスミ、スッポン肉、ロースハム、腸詰・・・
腸詰なんて食べてたら、若いころ渋谷の麗郷が大好きで、
よく行ってたのをふと思い出したわ。

20120906yokohama3.jpg
これも、エビの形をした、たぶんこんにゃく。

他にもたくさんいろいろ食べて、本当に楽しい夜だった。

けどねー、今朝、昨日食べた中で一番おいしかったのなんだろう?
ってふと思ったら、空芯菜の炒め物、って、私は答えてたね(^^)

やっぱりシンプルな野菜料理が、野菜の素材の味がわかって、
一番おいしい。そう思ったなー。

でも、このエビチリ(もどき)は、すっごく懐かしい感じがした。
今度、厚揚げをエビチリソースで食べてみよう。

Om Shanti.

高尾 蕎麦と雑穀料理 『杜々』

IMG_107720120622.jpg
高尾のお蕎麦屋さん「杜々」へ。

ステキなお店と聞いていたから、とても楽しみに行ってみたら、
店主さんもスタッフもみんな知り合いだった(^^)

1年ぶりの再会。1年前、店主である石井さんは
「小さな店だけど、自分たちの力でやろうと今準備してるんです」って言ってた。
夢をかなえた彼に再会できて本当に嬉しい。

なんだろう・・・
つながるべき人とは必ず会える。

そんな確信が私の中で膨らんできてる。

自信を持って、自分を信じて、この道を行こう、
大好きな友達とおしゃべりしながら、そんなことを感じてた。

高尾、相模湖、藤野、ご縁が深まってきてるなー♪

Om Shanti.

世田谷代田『マクロビーナスとパン焼き人』

IMG_4850.jpg
オープンしたころから気になってたこのお店、
先週、ようやく足を運べましたー。

あぁ、パン好きの私には、たまらないこの香り。
目も鼻もひっぱられまくりです・・・。

IMG_4837.jpg
世田谷代田にある『マクロビーナスとパン焼き人

IMG_4844.jpg
このコたち、全部ぜーんぶ、マクロビオティックなパンなの。
乳製品も卵も白砂糖も使わずに、こんなバリエーション豊かで、
柔らかくふわふわなパンを作っちゃうなんて。

すごい。

そして、お値段が比較的手ごろ。
それもすごい。

マクロというと、パンもスウィーツもどうしても値が上がる。

質のいいものを使ってるんだから仕方ない、と思いつつ、
でも、もう少し安ければナー、って誰もが思ってしまう。

これ、消費者の素直な心よね。
この心が、いろんな問題に広がってるのは分かってるんだけど・・・。

いずれにせよ、オーナーの高橋さんいわく。

「お金に余裕のある方しかマクロビのものは食べられない・・・と
言うのはよろしくないと思って、皆様に健康になっていただきたい
一心で、安く提供しているので・・・」

とのこと。(※blogより引用しました)

高橋さん自身、乳がんを患った経験から、
マクロビオティックを勉強されて、今に至ってるから、
この気持ち、とても純粋に深いものだろうな、って思う。

IMG_4846.jpg
物販コーナーも充実。

IMG_4843.jpg
ランチも4-5種類あって迷ったんだけど、
11月の月替わりのサンドウィッチが最終日だったから、
それをいただきました。

中身はというと・・・

里芋と長ネギの唐揚げ
キノコマリネサラダ
ダイコンの有機ワイン煮

ひと手間かけてるなー、って分かるお料理。
特にね、ダイコンの赤ワイン煮が気に入った。

ドイツの冬の風物詩、スパイスたっぷりなグリューワインの
香りが漂う、赤くキレイなダイコン。

IMG_4848_20111207164619.jpg
有名パティシエの安井さんが作るキレイなマクロビオティックスウィーツ。
これは、デニッシュと一緒にテイクアウトにしました。
どれもすっごく美味しくって、カズもにゃんだも大喜び。

世田谷代田駅から、徒歩5-7分。
地図見ると複雑そうだけど、意外に一本道で分かりやすい。
閑静な住宅街を抜けて、バスどおりに面したガラス張りの明るいお店です。

足を伸ばす価値あり

Om Shanti.

『かまいキッチン』

IMG_4262.jpg
Yoga of Life下北沢スタジオから徒歩5分ほど。
ママ&赤ちゃん、そしてベジフレンドリーな自然食カフェ、
見つけました。

『かまいキッチン』

IMG_4261.jpg
こんな風に書いてもらえたら、ママも安心して入れるよね。

IMG_4268.jpg
私はほぼヴィーガンの「コロッケ定食」をオーダー。
手作りのソースにバターを使ってあるだけ。

3つのお惣菜もそれぞれに美味しくて、
コロッケなんてカリッカリで、うーん、幸せなランチです。

IMG_4271_20111013004053.jpg
デザートはいちじくのパウンドケーキ。
こちらは卵使用。でも、安心手作り。

IMG_4277.jpg
店内は、ひじょーにゆるい。
でも、BGMはけっこうノリいい感じ。
それがまた楽しい。

IMG_4274.jpg
畳のこあがりでは、赤ちゃんがゴロゴロしながら、
ママ友たちがおしゃべりしてました。

IMG_4275.jpg
その奥はカーテンで仕切れる授乳スペース。
おもちゃがたくさんあるから、子供たちの人気スポットらしい。

オーナーの久美子さん、とても気さくで柔らかい感じ。
キッチンで腕を振るうのは、フィリピン人の料理人。
だから、フィリピン料理も楽しめるみたいよー。

ヨガ後のランチにぴったり。

美容院の予約までたっぷり時間があったから、
すごくのんびりさせてもらっちゃった。

その間、手に取った本はこれ。
IMG_4273_20111013070742.jpg
「自由の森学園」に入学したくなった。

生徒の成長プロセスを重視するスタンスに共感。
各学科ごとに、いいなーと思えるエピソードがあって、
もっとじっくり読みたくなったから、今度図書館で探してみよう。

かまいキッチン、居心地いいわ

Om Shanti.

『野山の食堂』

IMG_0184.jpg
雨続きのキャンプ中、川遊びもできないし、
ということで藤野へお出かけ。

IMG_3078.jpg
「藤野芸術の家」のひとつ上の丘に立つ「野山の食堂」

何気なくお茶しに入ったら、
なんと、菜食食堂でした、やった!

IMG_0187.jpgIMG_0191.jpg
最近気になる酵素玄米。
もちもちして美味しかったなー。

IMG_0193.jpgIMG_0192_20110814070136.jpg
一品、一品、丁寧に愛情込めて作ってるのがわかる。
優しくって、全然威張ってない、
おおらかな味がした。

IMG_3079.jpg
藤野の名物、BC工房の家具を使用したテラスデッキで、
青々と茂る夏の山をご馳走に、食事をいただく。

IMG_3088.jpgIMG_3087.jpg
デザートまでぬかりなく・・・。


IMG_0201.jpg
黒蜜きな粉のソフトクリーム、
至福のとき。

結局、3回も足を運んでしまった私たち。

1回目は、お茶。
2回目は、ランチ。
3回目は、ただ遊びに・・・。

お店を切り盛りするあやちゃんとみっちゃんとのおしゃべりが、
なんだかとても気持ちがよくて・・・。

そして、ここで出会う人たちが、
なんだか、はじめて会う人たちじゃないような気がして。

「気が合う」
そういってしまえば、それだけの話なんだけど。

出会いたい、と思っていた人と、
ここで出会えた私たちは、

その流れにただ感謝して、
これからもご縁を大切に育もう、って

そんな気持ちになってるんだ。

IMG_0195.jpg
至福なひとが、もうひとり

Om Shanti.

「野山の食堂」は、月~木が菜食食堂。
週末(金~日)は、これまたファンの多い、
ビーフシチューのお店です。

『直子の台所』

IMG_3475_20110814072836.jpg
こちらも藤野の新しい顔「直子の台所」

「野山」で出会ったご縁が、ちゃんとこっちにつながって、
私たちを韓国料理に導いてくれました。
IMG_3444.jpg

IMG_3451.jpgIMG_3450.jpg
花茶。
きれいだわー。

IMG_3439.jpg
IMG_3459.jpg
桑さんご夫婦。

桑さんは大のジャズ好き、カズとぴったり息が合い、
佐知子さんは優しくて自然体でステキな女性、私の憧れになった。

おふたりを見てて、
年を重ねることの意味がわかった気がした。

人生を豊かに生きる。
人として、より柔和になる。

自然との境界線がなくなる。
とてもなじみがいい。

この土地には、この5、6年、何度も足を運んでいるけど、
こんなに深く人とつながったのは初めて。

きっと、それが必要な時期になっていたんだろう。
よき出会いだった。

そうそう、こちらのお料理は、
なんというか、透明感のある味だったなぁ。

シェフの直子さんが、そういう感じの方だからか。

なんだろう、ガツン、とか、ベトっとした感じがなく、
サラっと、でもしっかりとした味わいがあって、
長らく食べてなかった味なので、ふわっと五感が開きました。

こちらも土日のみの営業。

藤野は、自由でおもしろい。

Om Shanti.

『藤工房 Pejjite』

IMG_2660.jpg
都留から道志へ抜ける山道を走ってたら、
なんだかステキな建物が見えた。

『藤工房 Pejjite』
Cafe & Galleryの看板、coffee の文字。

寄り道決定。

IMG_2662.jpg
うわー、なにこれ?
あの上で瞑想とかしたら気持ちよさそー、と
一気に想像が膨らむ。

あとでお話を伺うと、
上からは道志の景色を一望できるそう。

滑車でビールやつまみを運び、極楽な時間を過ごすために、
ステップを取り付けたらしい。

あそび心満載な感じで、いいねー、
カッコイイ。

ただ、残念ながら老朽が進んだために、現在は上れない。
ムササビの巣が上にあるみたいよ。
 
IMG_2656.jpgIMG_2678.jpg

IMG_2666.jpgIMG_2652.jpg

ここは、廃棄物を使ってオリジナルの家具や
作品を作る作家、比賀健二さんという方が、

建築の知識がまったくないところからスタートさせ、
6-7年という歳月をかけ、セルフビルドで完成させた施設。

セルフビルド都市 ペジテイズ
 ※動画へのリンクです、ボリューム注意

彼は、縄文人(なわ ふみひと)という名前でも活動してる。

縄文人。
なんか、彼の思いが詰まってる感じ。
私、直感で気に入ってしまった。

これを自力で、手で建てた。

すごいなー、そのクオリティの高さには驚かされる。
そして、センスのよさに、わくわくする。

「お金がないことがラッキーでしたね」と言い切る彼。

確かに、家をセルフビルドで建てた人って、みんなこう言うんだよね。
買うお金がなかったから、自分で建てたんだ、って。

そして、力みのない感じで、こう言ってた。
「できない、と決め付けてたことが、できるんだと気づかせてもらった」

いま、彼は、次なる夢に向かい、
今は伊豆でセルフビルド第2弾に取り掛かっているよう。

「やりたいと思ったことは、すぐに取り掛かる」

「いいんです、お金がなくなったらそこで中断しても、
 どうにかなるんです、どうにか。」

とにっこり笑う。

いいねー、こういう発想。

家を建てる。
自分で建てる。

夢が膨らむよね。

道志の施設は、今はご縁あるご夫婦が使ってらっしゃる。

ご主人が煎れる美味しい焙煎コーヒー、
そして軽食がいただけるカフェとして、

また、奥様は、藤で編むカゴや渋皮染め、
藍染の工房&ギャラリーとして、
期間、週末限定でオープンしてるよう。

居心地のいい場所、またも発見。

Om Shanti.

『農民カフェ』

IMG_2510.jpg
Yoga of Life のすぐ近く「農民カフェ」でランチ。

IMG_2505.jpgIMG_2496.jpg

IMG_2498.jpgIMG_2507.jpg
一緒に行ったHさんも、外が大好きなお姉さん。
クーラーの冷たさより自然な風がいい。
ということで、奥のお庭に席をとった。

メニューには特に書いてないけど、
お願いするとベジタリンプレートもOK。

デザートには、トマトのムースを選んでみた。
ひんやり甘酸っぱくって美味しいわ。

この農民カフェは、そのコンセプトと、
オーナーの和気さんの想いがまっすぐで強くて、
なんかいいよねー、と思ってる。
男性的な強さを感じるかな。

そして、想いは同じでも、そこへたどり着くプロセスが、
たくさんあるな、って感じ。

オーナーの和気さんの、さまざまな活動の一環で、
少年院への慰問ライブがあったそう。

その中で、家庭の中で、健全な愛を受けることなく育った
少年少女との出会いがあり。

各地の農家さんとの出会いがあり、

心身の健全な成長と、食のつながりに気づき。

それらを全部つなげたら「農民カフェ」ができあがった。

ヤンチャな子たちの、旺盛なエネルギーを農へ向かわせ、
命との接点を作り、自分の存在を示す場を作り上げれたことが、
すごいじゃないかな。

下北沢経済新聞の記事に詳しくのってるよ。

IMG_2509.jpg IMG_2506.jpg

お庭にも小さな畑。
稲も揺れてた。

Om Shanti.

『MOMINOKI HOUSE』

IMG_1936.jpg
少し前になるけど、
自然食レストランの老舗『MOMINOKI HOUSE』で
カズがライブをやったんだ。

このお店、私がマクロビオティックを始めた当初から、
ずっと行きたいお店、だったにもかかわらず、
ずっと行けてなかったお店。

IMG_1950.jpg
原宿、神宮、表参道。
流行やお店の移り変わりの激しいこの場所で、
よくぞ、35年間、お店を続けていらっしゃる。

いろんなことがあっただろうなぁ。

でも、本物は残る、ってことなのかな。

IMG_1940.jpgIMG_1947.jpg
うん、いうことなく、美味しい。
野菜が濃い、そんな感じ。
あと、玄米がいいお味でした。
もちろんデザートまでしっかり

オーナーの山田さんは、知識も経験も豊かだから、
話題が尽きずにすっかり長居しちゃった。

で、もちろん話題はこれにも及んだんだけど。
店内にあったこの本をちょっと紹介します。

IMG_1948.jpg
震災後、4月8日にVeggy特別編集の「日本食があなたを救う」
という本が緊急出版されたそう。

この雑誌の編集長のblog

私個人としては、放射能云々の前に、
シンプルな日本食を丁寧にいただくこと、
それが心身を健やかにする源だと思ってるから。

本当にシンプルなことなんだけどね。

今後、その辺りに、意識が向く人が、
もっともっと増えるといいな。

あー、あとお店で量り売りしてくれてるソイマヨ、
すごい美味しかった。

また行こう。

Om Shanti.

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。