スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にゃんだの手足

295837_10151180074080345_2047139731_n.jpg
なんてことないんだけど、ふわっとしたから、シェア(o^^o)

Om Shanti.

スポンサーサイト

和蝋燭の灯

643885_10151177813735345_479010055_n.jpg
能登に越した方が、私に会いに、
そして涼亭でヨガしたくて帰京してくれた。

お土産にいただいた七尾の和蝋燭。

手書きの満月とススキ、炎は凛として姿勢がよく芯まで濃い。

602503_10151177813880345_835233849_n.jpg
この風情、和、な感じ。
素敵です。

どうもありがとう!

Om Shanti.

オーラソーマ ボトルたちが教えてくれること

20121115IMG_3654.jpg
今の私を映し出した7本のボトルたち。

今日、オーラソーマのコンサルテーションを受けてきました。

目の前にずらりと並ぶボトルたち。
このボトルたちは、私のためにここに存在してくれてるんだ、という感覚が
沸いてきて無性にうれしくなる。

そして呼吸を調えて、すべてのボトルを視野広く眺めていく。

不思議なもので、たくさんの中から目に留まるもの、あっこのコだ、と直感で
感じるものって本当にあって、それを素直に4本取り出してみる。

20121115IMG_3641.jpg 20121115IMG_3655.jpg

20121115IMG_3642.jpg 20121115IMG_3643.jpg

最初、プラクティショナーのリードで大地にグラウディングし瞑想、
このボトルたちと繋がっていく。

もうそれだけで、じわりと涙が浮かんできた。

あの時、何を感じたんだっけ? 

今は思い出せないけど、ハートの奥の方から温かい何かが湧き上がってきて、
ただそれだけで涙が滲んだ。

コーラルとライラック。
この1本目のボトルは、とてもパワフルなものらしい。

コーラルとは珊瑚。
珊瑚はどんなふうか?

珊瑚には殻がある。
殻があるから、集合体の中で共存できる。
繊細な実体を殻で守り、それによって密集しながら生きている。

つまり、殻は叡智なんだ。

その時、やめなさい、というメッセージが下りてくる。

殻を破るのはよしなさい、と。

え!? 殻を破るなって・・・。
私は今まで、ヨガをしながら、どれほど自分の殻を破れるか、
着こんだ鎧を脱げるか、ということばかりを探求してた。

もちろん、開いていることがいい、という単純な発想はもうない。
開いてることが良くて閉じてることが悪いなんて、まったく思ってない。

開いたら閉じる、閉じたら開く。
その繰り返しでいいし、バランスだと感じてる。

でも、殻をつけたままでいなさい、とはどういうことなの?

そして、その殻の叡智を持ったまま、変容の炎ですべてを変えていきなさい、と。

その変容のパワフルさは、ただものじゃないらしい。
超、強烈な変容の力。

龍がブォオオって吐き出す強い炎。
一瞬にしてすべてを変容させてしまうほどの力。

これが、私のソウルボトル。
私が持って生まれた、魂の性質。

そして2本目はヴァイオレットとペールピンク。
これ、女優、というボトル。

この世に生まれ、与えられた役柄を、真の自分を演じなさい、と。

ここには、ありのままをただ観ていなさい、というメッセージと共に、
深い嘆き、隠された怒り、というキーワードが入ってきた。

この嘆きや怒りはエネルギーの源。
この一見ネガティブなエネルギーを、何に変容し表現していくか?

そして、私は嘆いていて、怒っているんだと、気づいてあげること、
さらに私は、嘆いていいし、怒ったっていいんだ、と、自分に言ってあげること。

その怒りというエネルギーを源に、深い愛を表現していくこと。

これが、私の今生の課題。
これ、すごくしっくりくる。

そして私は、「殻を破らなくていい」というメッセージの意味をキャッチした。

無理しなくていいんだ。

嘆きや怒りの対象者へ、その嘆きや怒りのエネルギーを愛に変容させ
接していくんだけれども、適度な距離、殻を保ちながら接していいんだ、

という実生活とのリンクを見つけて、
心からほっとして、涙が溢れ出てきた。

そのメッセージをくれた、ある私の大切な人、
その人の魂が私にそう話しかけてくれた。

私がいるから大丈夫よ、と。

その人のことは、毎年の命日にふと思い出す程度で、
でも10歳の頃の私に強い印象を与えていた、
とてもとても優しい、天使のような方だった。

私は、本当に驚いた。

今、その方の魂と繋がれるなんて。

というより、その方の魂が、ずっと私を見守ってくれていたなんて。
今まで、気づきもせず、意識を向けたこともなく、

でも、こうして気づいた瞬間、そのことですべてが符合するように、
パズルのピースがそろったようにいろんなことが、しっくりとくる。

母の葬儀の日、私の頭上を飛んでいた白いワンピースを着たおかっぱの女の子。

それは間違いなく私自身であって、その白いワンピースは、
私を見守ってくれてたその方が、私のために編んでくれたもの。

私はそれを宝物のように、ずっととってあって、
おそらく、今でも実家の押入れの奥に眠っていると思う。

その方の存在が、子供のころの私をどれほど救ったか、
そして、その方の死が、私にとって消化しきれてない強い印象を与えていたこと、
ありありと、思い出して、そこに想いをはせて、今、流してあげよう。

今日のセッションのハイライトは、思いがけないところへ。

他にもたくさんのメッセージがボトルたちから与えられた。
そのすべてが、今の私に必要なことばかりで驚くほど。

わかりやすく導き出してくれて、また私の潜在意識に丁寧に寄り添ってくれた
プラクティショナーのみさちゃんの手助けがあって気づきの幅がぐんと広がった感じ。

彼女の持つ野原の妖精のような質感が私は大好きで、
彼女の直感からくる、問いかけが、私を新しいところへ導いてくれた。

自己探求にも「気づきの癖」というか、同じルートを通りがちで、
こうして寄り添ってくれる人の存在がいると、展開するんだな。


さて、今日のコンサルテーションを受けるきっかけになったのは、
Facebook にアップされたある企画。

『秋だヨ!全員集合 ☆Love&Light祭り☆』

これは何かっていうと、青梅でヒーリングサロン「あまてらす」を主宰してる
みさちゃん立ち上げたチャリティー企画で、

オーラソーマのコンサルテーションを受けた人に、コンサル代金を、
そのまま全額キャッシュバックして(つまり、コンサルテーションはタダ)、

その代り、その分を、世界にLove&Light(愛と光)を増やす活動に充ててね、
っていうメッセージなんだ。

その名も、Love活。

そのLove活は、自分のためでも、人のためでも、環境のためでもOK。

「自分が愛と光りに満ちていれば、それは自然と周りにも愛と光を増やすから♪」
というミサちゃんからの言葉を受けて、すぐに参加表明した私。

だから、今日のコンサル代を、まずはセカンドボトルの購入に充てて、
自分の課題に対して愛と光を注ぐことを表明します!

そして、今後もヨガを通して、人の心に愛と光を生み出せるような時間を作ること。

そして私の中にある強い情熱、強烈な変容の炎、深い母性や愛、
時に、深い嘆きや怒りといったエネルギーを愛に変え、
惜しみなく分かち合っていけるように。
誰に対しても分け隔てなく、分かち合っていけるように。

同時に、自分のことは叡智の殻で守りながら犠牲にならないように。

Love & Light.
Love & Jai.

みさちゃん、心から、ありがとう!

Om Shanti.

ワルリ族絵画展

20121004IMG_2661.jpg
HPはこちら

お友達の紹介で、すごーく観たくなって足を運んだ絵画展。
インドの少数民族ワルリ族に伝わる伝統絵画です。

「何もなくてすべてある」
インドの村の生活をそのまま感じる絵でした。
観てるとにっこりしちゃう感じ。

奴隷化、差別によって文化伝統を剥奪され自信をなくした村人たちも、
この絵画の伝統を認められ継続することで、自らへの尊厳が回復したみたい。

大切なことだと思う。

20121004IMG_2657.jpg

今年は明後日10日まで、渋谷のギャラリーでやってるから、足が向く方へぜひ。

Om Shanti.

クラニオセイクラル

頭蓋仙骨療法(クラニオセイクラルセラピー)。

ただただ、足から仙骨、肩甲骨、頭部、と手を添え共に呼吸して、
彼女の手から流れ込む気を、心素直に受け止めるだけ。

足に触れられてると、頭蓋骨の付け根がピクピクしてきて、
仙骨に手を添えられると、お腹がきゅるきゅると喜びだす。

肩甲骨の間を温められて、肩が緩み、手がピクピクッと反射して滞りを流しだす。

そして頭部。
頭のなかにスペースができたような感覚。
思考がスローダウンして、呼吸を見てる自分を吐く息でリラックスさせて、
眼球がくるくる動くのを観察。

ふふ、瞑想と似てる。

彼女の手は残像を残す。

手が離れたところに、まだ手が置かれているような、
足を触っていたはずなのに、次の瞬間腰に手が触れ、
あれ手が4本?みたいな。

センスのいいセラピストに共通してる手の残像。

45分のセッション。

終わった後、重かった腰から痛みが減る。
内側が緩んでプラーナの流れがいい。
あと、目がよく見えるようになったね。

久しぶりに会ったちかちゃんと、ゆっくりまったり。

最近ネコを飼いだした彼女との会話はもっぱらネコ談義。
まるで「ママ友」のよう。

身体のこと、心のこと、自分らしい自分であるために、
そんなことを、素直に話せる時間。

はぁ、楽しかった、そして心地よかった。


彼女は、新百合ヶ丘の自宅でセッションやってます。

暖かい手の持ち主。
暖かい愛の持ち主。

友人ちかちゃんのHP
ヒーリングルーム mani amor


Om Shanti.

ドリーム・サンキャッチャー

20121005dream.jpg
目に止まってから、これください、までに5秒かからなかった
ドリーム・サンキャッチャー。

ひと目惚れ。

チチカカにて。

チャクラカラーがココロはずますねー。

Om Shanti.

嵐が去って

60200_10151113197555345_240982604_n_20121002090847.jpg
台風が去った朝。雨どい、落下。

ざっと見渡し被害はそれだけみたい。ふぅ。

あとは、畑のみんなの様子が気になる。

543431_10151113197915345_1041598885_n_20121002090847.jpg
昨日の嵐の前、がんばれよーと声をかけにいった時、いっせいに風に揺られてる姿が
健気に見えて、あー自然のものは強いなーと思った。

昨日、にゃんだを追いかけたノラ猫ちゃんだって、どこで嵐を凌いだかな?

風の音を聞きながらホットカーペットの上で丸くなれることの幸せ感じなきゃね、
と、にゃんだに話してみる。

76894_10151113198355345_2032774418_n_20121002090848.jpg
嵐が過ぎ去ればそこには満月。そして星たち。

あぁ、と声を出してしまうほど美しく、嵐が去ったことにホッとしてる私。

でも今頃、あの嵐は東北に向かうのか?
皆さん、いかがお過ごしか?

そして、あー、また放射能が大拡散!?



何事も自分のところを過ぎたからっ終わりじゃないんだよね。
すべては繋がってるんだから。

すべての連続性、その影響を考えたいって思ったお月見でした。

Om Shanti.

トラベラーズファクトリー 中目黒

69152_10151111304565345_1319756878_n.jpg
縦長の茶色いトラベラーズノート。
サイズ感、紙質、存在感、すべてが好きで長年愛用してる。

今日、中目黒の裏通りでばったり出会ったトラベラーズノートの専門店。
へー、こんなとこに、こんなものが!と、先を急いでるにもかかわらずあっさり寄り道(*^^*)

旅先の小径で気になるショップを見つけたような気分。

旅。旅、たびっていいなー。

523837_10151111304875345_907242551_n.jpg

539483_10151111305050345_1887185532_n.jpg
雰囲気のある店内、2階は珈琲飲みながらゆったりできる感じがさらにいい。

店を出てテクテク歩いてたら、生きるってのは、ホント旅路だよなーと思えて、
なんだかシミジミしちゃった。

トラベラーズノートに書く日記、日々のクラスデザイン、気づき、ラクガキ、
そのすべてが自分を知る旅をサポートしてくれてるなー。

Om Shanti.


父との関係

昨日は、父の介護保険の継続認定の日。

初めて、ひとりで運転して、鶴川にある実家まで行った。
途中、ナビの言葉に惑わされ、道を間違えつつも、どうにか到着。

2ヵ月ぶりに見る父は、また少し痩せたようだ。

先日転んで怪我をした腕もまだ痛々しい。

認定の方との面談を終えて、ふたりっきりになった。

今日は、私は覚悟を決めて、父とふたりで過ごそうと思い、
義姉にも連絡せず、ひとりでここを訪れたんだ。

私はいまだに、父と一緒にいることに、不安を感じる。
怖さは減ったけど、なんともいえず、居心地が悪く長くいれない。

でも、少しずつ、私たちの関係も変化してるんだ。

前日の晩も、明日行くからね、と電話をすると、

「俺はね、来てくれなんてあんまり思ってないんだけど、
こうして電話くれるだけで、うれしいんだよ」なんてことを言ってた。

でも、翌日行ってみたら、私が電話したことも来ることも、まんまと忘れてたけどね。

で、ふたりになって、間が持たずに父はすぐにテレビをつける。

サッカーを一緒に見て、食事のこと、将棋クラブのこと、ご近所さんのこと、
たわいもない話をして、母の遺影に声をかけながら、おしゃべりしてた。

すると父が、「見てくれ、これズボンのファスナーが壊れちゃって」とズボンを持ってきた。

「あらあら、じゃ、近くのユニクロに買い行く?」と聞いたら、
遠慮して、いい、いい、っていうかと思いきや、素直に「助かるな、いいか?」と。

こういうところも、以前とは別人だ。

前は、人から親切にされることを拒否するところが強かった。
父は、とても素直になってきてる。

それから、私の助手席に乗ってもらい、一緒に買い物に出た。

私の運転でどこかにいくことが、とても楽しくうれしかったようで、
ニコニコしながら、いいなー、いいなー、と言ってた。

ユニクロでチノパンを2枚、ベルトを1本買って、帰宅。

ファスナーが壊れたズボンを捨て、しばらくしたら、新しいズボンを手にとり、
これが壊れたやつだったかな?と捨てようとしてた(^^;)

お父さん、それ新しいズボンだよ、捨てちゃダメよ。


きっと今朝になって、新しいズボンが2本もあることに驚くか、それすら気にしないか。
私と買い物に行ったことも忘れ、また父の日常が始まるんだと思う。

まぁ、それでいいんだと思う。

でもね、私はお父さんとふたりで、お父さんの洋服を買いに行くなんて経験、
初めてさせてもらったんだ。

だからそれでいいと思う。

父と私の関係性を変化させてくれているすべてのエネルギーに感謝します。

ありがとう。

Om Shanti.


メヘンディ大好き! 

IMG_134820120716.jpg
ずっとずーとやりたかったメヘンディ(ヘナタトゥー)
習いに行ってきました。

これからはただただ練習あるのみ、描いて描いて描きまくり。

いろんな人の体借りて描いて描いて描きまくるんだー!
みんなよろしくね☆

Om Shanti.

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。