スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『100,000年後の安全』

映画『100,000年後の安全』
『100,000年後の安全』観て来ました。

見終わった瞬間

「ふぅ・・・」

って感じだったなぁ。

途中、何度も何度も呼吸に意識を戻して、
自分としっかり繋がっておきたくなった。

一緒に観にいったえりこも、
横で「はぁ」って深呼吸してたなぁ。

いずれにせよ、ぜひ観てもらいたい、
いま、観るべき映画のひとつだと思う。

『オンカロ』

フィンランド語で”隠し場所”を意味するここは、
世界で始めて、本格的に建設が始まっている、
高レベル放射性廃棄物の最終処理場。

つまり、核のゴミの埋蔵場所。
映画『100,000年後の安全』

18億年前の地層が残る場所に地下500m、全長5kmの
長く深いトンネルを掘り、その奥深くに、ゴミを埋める。

廃棄物が、環境や人体に影響を及ぼさなくなる期間を、
10万年、として、この壮大な計画が始まっているらしい。

10万年、よ。

10万年前の私たちはネアンデルタール人。
そんな尺度のお話。

ね、ふぅって感じでしょ?

そして、その10万年という期間、この『オンカロ』が、
未来の誰によっても開かれることなく「忘れられた場所」となるか?

「危険である、決して近づいてはならない」というメッセージを、
どうやって未来永劫10万年という期間、そこに保つことができるのか?

そんなことを、フィンランドの専門家たちが、
本気で真剣に、議論を重ね、仮定し、推測し、
そして、今できうる限りのベストを尽くそうという姿勢が見える。

でも、その答えはいつもこう。

「未来のことはわからない」

映画『100,000年後の安全』
18億年前の地層が残る場所に、日々、爆弾をしかけて穴を掘り続ける。
その発破作業に向かう、名もない、刹那な存在の男たち。

何を思いながらの作業なのかな、と彼らの心を探りたくなる。
事務所の壁に貼られた1枚のヌードポスターが、
なんともいえず・・・切ない存在に感じた。

映画『100,000年後の安全』
10万年先まで残せるメッセージは?
そこに実際の存在として残してしまった廃棄物たち。

放射能が発見され、安全だと誤認しながら、
いや知りながらでもあるのか・・・、
「核の平和利用」とかいいながら活用してしまった。

過去、たった100年の歴史の中で、私たちは、
未来10万年先までに残す負の遺産を作り上げちゃったんだね。

いやはや・・・。

江戸にもどりてぇなー。
キューリー婦人、放射能なんて見つけなきゃよかったのに・・・。
そんな気持ちになるよ。

でもね、過去に戻ることが絶対じゃないし。

ここまできたには、きてしまったわけがある。
なるようになってきたのが、46億年の歴史だとも思う。

インド哲学的に言えば、現代は、歴史上もっとも暗黒な
「カリユガ」の時代。

そのカリユガが、5,000年ほど過ぎただけ。
あと43万2000年、その時代は続く。

私たちの一生、数十年って、本当にはかない時間だね。
そのはかない時間の中で、私たちは、どう生きるべきなんだろう。

私たちは、周りで何が起きようとも、
いつも「ここ」に立ち返るべきなんだろうと、思う。

私は、どう生きるべきか?

この探求、この探求を続けることが、
そのまま生きるということなんだろう。

映像も音楽も美しくもはかなく、印象的なシーンがいくつもある。

今、実際に地球の北の端っこのほうで行われていることが、
嘘偽りなく、人間味を帯びながら表現されている。

今できることは、わかっていること、わからないことをありのまま
公表することだ、と、ある専門家が言っていた。

相変わらず、ありのままを伝えない日本の政府や東電、そしてメディア。

この映画を観終わって、気になって調べてみた。

フィンランドは、原発をやめたのか?
調べてみると、今後も新しい原発の建設が始まるらしい。

そこに矛盾を感じてしまう。
やっぱり、安全だ、と現在の科学的技術を過信してことを進めるらしい。
しかも受注は東芝か・・・。

うーん・・・。

さて、私はどう生きよう?

Om Shanti.

上映映画館
■BSドキュメンタリーでこのことが放映されています。
 5月に再放送があるみたいですよ。
『地下深く 永遠(とわ)に ~核廃棄物 10万年の危険~』

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

No title

はるさん、ご無沙汰しております。はるさんのコメントには本質を突く鋭さと説得力があり、多くの人を引き付ける力がありますよね。

人間が新しく作った技術って、デメリットがないものはないと思います。飛行機や自動車だって、誤って使えば人が死ぬのだし。あと、害があるという事例はないものの、未知の部分を一部残したまま使うものもありますよね。遺伝子組換え食品とか。
いずれにしても、その技術を今使うかどうかは、メリットとデメリットを比較して、メリットが大きければ使うのでしょうね。
原子力の場合は、害があるかどうかと言えば、未知ではなく明らかに生体に害のある濃縮された強力な放射性物質を用いています。また、デメリットははるさんご指摘の通り明らかに廃棄物処理だと思いますし、そもそもの考え方として、一度拡散したら対処のできないものを「封じ込める」という設計思想そのものに問題があると思っています。。封じ込めなんて、所詮は人間の思い上がりですよね。このデメリットが、大量のエネルギーを効率よく生み出すというメリットと比べ、大きいかどうか、ということでしょうか。
僕は「10万年後」どころか、負の遺産の長期間の管理というコストパフォーマンスの悪さだけでも、やはり原子力は問題の多い技術だと思います。CO2排出が少ないというのも、廃棄物まで含めたLCAを考えれば怪しいものです。
まあ他に化石燃料以外ないから原子力を使っているということもありますし、今の暮らしを続ける以上は産業界を含め大口電力使用者のこれ以上の省エネが難しく、完全廃止は実際には困難かと思います。。すべての人が、「手放すこと」を考えれば別ですが。
でも蓄電技術や太陽エネルギーの効率的濃縮技術ができてくれば、誰が見ても原子力のデメリットがメリットを超え、廃止が現実味を帯びると思います。
すみません、長文だし、この問題ばかり食いついて。でも、僕の場合、こうした技術について(原子力だけではないですが)推進サイドに関与している仕事柄もあり、逃げるわけにはいかないと思っています。。同じyogiとして、シェアさせてください。

Re: シェアありがとう

Reikoさん、コメントありがとう。

私も同じですよ。
あまりに知らないことが多すぎた、
無関心すぎた、と思ってる。

だから、これからどうするか、には、
ちゃんと関わりたいな、って思ってるところ。

ぜひ観てみてね。

シェアありがとう

Haruさん
いつもシェアありがとうございます。
恥ずかしながら、エネルギーが有限だということを最近実感しました。
持続可能なエネルギー作りに意識を向けたいと思います。
プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。