スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西と東

ずいぶんと考えたけど、結局、母に、
子宮摘出の手術を受けてもらうことにした。

癌研でのセカンドオピニオンで、いま直面してる
いちばんの危険性について知ることができたから。

それを回避するためには、
やっぱり手術を受けるべきだと。

私は、母の癌がわかってからずっと、手術や放射線、
抗がん剤治療などの対症療法に抵抗を感じてたんだ。

お母さんの年齢や体力を考慮し、何もしない、という
選択肢もあるんじゃないか、って。

その中には、治療のプロセスで生まれる母の痛みや苦しみが、
かわいそうでならない、という思いがいちばんだった。

お母さんが痛がったり苦しむのはいやだ。

苦しむくらいなら、
そしてどうせ治らないなら、

手術も抗がん剤投与もしないで「癌との共存」が図れないものか、
と代替療法のことばかり考えていた。

意識していないと、私の想像はふっと悪いほうへと引きづられる。

そんなとき「あぁ、まただ」と気づき、1回大きく深呼吸をしてみる。

呼吸に意識が戻ると、湧き上がっていた悲しみや、
無力感の感情と向き合え、今に戻り、心が落ち着いた。

そして、そんなときの心をよく観察してみると、

母が苦しむ姿を見て苦しむ自分を受け入れられない、
という思いが強いことに、ふと気づいた。

あぁ、私自身の恐れがすべてを生み出してるんだなぁ、と。
とはいえ、それがわかって上でも、まだ抵抗してた。

何もしない選択肢を、医者が勧めてはくれないかと期待してた。
しかし、医者は手術を勧めてきた。

兄が「例えば何もしない場合、難しいでしょうけど、
余命はどのくらいなんですか?」と質問した。

医者ははっきりと「それはわかりません」と答えた。

「命はわからないんです。
 末期でもう無理だ、と思っていた患者さんが、今も元気でおられる、
 また反対に、完全な治療法をとったと思われる患者さんが、
 3ヶ月で亡くなられた、そういうことがよくあるんです。
 だから、本当にわからないんです」

これを聞いたとき、全身から力が抜けてくのを感じた。

実はカズの友達で、余命3ヶ月から、
どうせ死ぬなら好きなことだけやってようと時間を過ごしてたら、
癌細胞がすべて消えてしまって、今でもピンピンして生きてるって
ひとが、本当にいるんだ。

本当にそういうことが起こりうるんだ。

でも反対に、人はいつでも、次の瞬間に死ぬ可能性がある。
これもまた真理。


面談を終え、私はかなり動揺し思考がまとまらない状態。
そんな中でも、落ち着いた様子で兄が言った。

やっぱり手術受けてもらおう。
目の前のことを、ひとつずつ片付けていこうよ。
先のことは、またその時考えればいいじゃん。

って。

確かに。

私は、目の前の一歩を飛ばして、
次に起こる(であろう)苦しみにばかり注意を向けて、
怖がっている。

お兄ちゃんがいう。

手術を受けて、そのあとがおまえの出番だよ。

私は、うん、と深く頷けた。

西洋医学、東洋医学、その間で対抗するんじゃないんだ。
両方を統合していかなきゃ、この病気には向き合えない。

まずは私の心の中で、それを調和させなきゃ。

そして、まずは、私が信じなきゃ。
お母さんは大丈夫だって。

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: カッコイイ

カッパさん、ありがとう。
私も母を心から見直す気持ちが芽生えてます。

いつもは、ちょっと優柔不断で、弱っちく感じてた母。
でもね、今回のことで、彼女の心の強さや、
また家族の中での母の存在感に、
改めて敬意を払いたい気分。

母があっての、私たちだったんだ、と再確認しています。
こんなことがなければ、見直せなかったかもしれない、と思うと、
やはり、すべてのことに意味があると、感じずにいられません。

カッパさん、ありがとう!
私も頑張ります。

カッコイイ

すてきなお兄さんですね!!
よかった、はるさんにやさしいお兄さんがいてくれて。

はるさんが恐れる気持ち、少しわかります。
わたしも同じように考えるんじゃないかな・・と思います。

親が病気だったり手術だったりにがんばって耐えている姿を知ると、なにかで聞いた言葉「親は偉大だ。育ててくれ、たくさんのことを教えてくれ、最期には死んでいく姿も教えてくれる。」を思い出し、どんなふうに病気と向き合っているか、どんな態度でどんな様子か、よく見ておかねば・・と思います。(手術で治りましたが)
心配させないように周りを気づかい、落ち着いていて、わたしはあんなふうにできるかなぁ?スゴイなぁ~って思いました。
また、自分が病気になったときと同じ考え方で、親子だなーってうれしく思う部分もありました。

わたしは想像力がたくましいのか心配しすぎで、親はあっさりやってのけてしまいました。
はるさんも心配しすぎないで、よい方向にイメトレしてね!e-256

Re: No title

どなたかわからないけどv-398
力強い言葉をありがとう。

Re: だいじょうぶ!

nomiさん、ありがとう。

うん。
大丈夫だって、思えてきたら、
本当に、大丈夫になってきたよv-398

目の前にあることから目を背けず、
その時点で、よし、これでいい、最善だ、と
信じながら進んでいくこと、
それが、今を生きることにつながる気がしてます。

生きるってことは、
本当に、決断の連続だね。


No title

ハルさんなら、絶対大丈夫!!

だいじょうぶ!

すごく難しい判断でしたね。
誰だって、矛盾の狭間で葛藤するよね。

でも「だいじょうぶ!」というコトバは
おかさんのことだけじゃなく、そんな葛藤や迷いや
そこで搾り出した決断をも、全て肯定してくれましたね。
なんと力強いコトバ!

だから、もう一度僕からも 「だいじょうぶ!」
プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。