スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

じんましん

峠を越して、
落ち着いたからようやく書ける・・・。

実はこの10日間ほど、毎日ひどい「じんましん」に、
うなされてましたー

生理が始まった2日目の夜中。

痒くて痒くて、手でボリボリ、足でガリガリ、
体中をかきながら目が覚めた。

皮膚の柔らかいところを中心に、腰からお尻、
太もものあたりにぎっしりと広がる「じん」・・・。

そう、何を隠そう私は子供のころからの「じん」体質で、
定期的にドバっと出ては、3ヶ月から半年くらい続いてた。

でも、ヨガを始めてからこっち、こんなに激しく出たのは、
初めてなんじゃないかなー。

はっきりと記憶してないけど、10年以上ぶりです。

いやー、じんましん、経験がある方はわかると思うけど、
痛いのもつらいけど、痒いのもつらいねー。

しかも、ちょっとかくと、見る見るうちにつながり広がり、
大きな世界地図みたいになっていく。

痛みとも痒みともつかないこの皮膚感覚は、
ものすごい力で意識をひっぱる。無視できない感覚なんだ。

痒いよー、
あぁ、カイー、
うーーー、カイーよー、

と思わず誰かに訴えたくなる。

訴えたって治まるわけじゃないのに、
「見て、すごい!」って報告したくなるほどのできばえ(!)

しかもそこで、「あぁひどいねー」って同情&共感されないと、
じんが主張してるかのようにますます広がっていく。

なんだこれ、心と連動してんのか?って感じ。

でもって、これだけ肌から排毒が起こるって事は、
それなりの「原因」があるってことで、

この夏のわが行いを振り返ってみましたよ。

調子が悪いときの鉄則。
『”過ぎた”ものを見つけ、それを減らす』

IMG_0153.jpg
証拠写真・・・①。

今年の夏、ものすごく食べた一品。
それは「練乳小豆」。

もちろん(!)
市販の練乳に、市販の井○屋の小豆。
これをよく食べたんだなー。

およそ6年ぶりのこの味に不覚にもはまり・・・。

かつ、直後の反応があんまりないもんだから、
いい気になって、ずいぶん食べました。

同時に、こんなものまで、久しぶりに・・・。
IMG_0201.jpg
証拠写真・・・②。

あたりまえだけど、モロ「乳製品」。
でも美味しかったんだよねー。

他にも生理前から、堅いお菓子、が増えたかなー。

そして、おそらく起爆剤となったのが、
じんの出る前の日に茹でた「貝豆」。
あまりの美味しさに食べ過ぎました。

そしたら、ドカーーーン、とじん発生。
生理2日目の排泄と一緒に、肌からも来たんだねー。

マイボディ、よ、気づかせてくれてありがとう・・・。

ということで、心を入れ替えまずはじめたのが、

『炒り玄米の小豆粥』

じんましん、は、陰性過多による腎臓、肝臓、腸の疲れの現れ。
なので、まず消化よい「玄米粥」。

玄米を中火で炒ってから、5-6倍の水でお粥にします。
炒ることで少し陽性になるかな。

そして、腎臓の働きを助ける小豆を入れます。

1合弱の玄米からできたお粥を2日で食べきるペース。

そして、ひじき、レンコン、ゴボウ、といった海草、根菜おかず。

もちろん、小麦粉&砂糖絶ち。

ステロイド入りの強いお薬は、もうダメ、ってところまでガマン。

少し痒いくらいのときは、大根の輪切りを患部にすり込む。
酵素の力で痒みを抑え、鎮静効果もあった、

けど、やっぱりガマンできない!ってことが多く、
患部をアイスノンで冷やしてから、お薬に頼ることも。

そして、急いで買いに行ったのが、『どくだみ茶』。

どくだみ、= 毒だし、ってくらいの薬草なので、
このお茶は排毒を促してくれた実感ありです。

そんなこんなで、1週間くらいでずいぶんと治まってきました。

あとね、おもしろいなー、と思ったのが、
日に日に患部が移動するの。

腎臓や腸の周り、腰や腹にできてたのが、
しだいに、太もものほうへ移動し、

そこが治まってくると、今度は、膝やふくらはぎ、そして腕。

そこが治まってくると、今度は、足首や足の甲、そして首周り・・・。

体の中心部から、外側へ遠のくように患部が移動して、
その毒素が、外へ搾り出されていくような、
そんな変化だったなぁ。

うーん、体っておもしろい。

ということで、ずいぶんスッキリした内側を感じ、
排便も好調で、じん、の恐怖ともお別れできそうです。

とにかく心身の「未消化物」をためないこと。
これに尽きるね。

適切に入れて、適切に出す。
この循環をよくしてないと、どっかに歪みが出る。

今回のじんましんには、排毒のプロセスを学びましたよ。
カラダよ、ありがとう。

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。