スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

オーラソーマ ボトルたちが教えてくれること

20121115IMG_3654.jpg
今の私を映し出した7本のボトルたち。

今日、オーラソーマのコンサルテーションを受けてきました。

目の前にずらりと並ぶボトルたち。
このボトルたちは、私のためにここに存在してくれてるんだ、という感覚が
沸いてきて無性にうれしくなる。

そして呼吸を調えて、すべてのボトルを視野広く眺めていく。

不思議なもので、たくさんの中から目に留まるもの、あっこのコだ、と直感で
感じるものって本当にあって、それを素直に4本取り出してみる。

20121115IMG_3641.jpg 20121115IMG_3655.jpg

20121115IMG_3642.jpg 20121115IMG_3643.jpg

最初、プラクティショナーのリードで大地にグラウディングし瞑想、
このボトルたちと繋がっていく。

もうそれだけで、じわりと涙が浮かんできた。

あの時、何を感じたんだっけ? 

今は思い出せないけど、ハートの奥の方から温かい何かが湧き上がってきて、
ただそれだけで涙が滲んだ。

コーラルとライラック。
この1本目のボトルは、とてもパワフルなものらしい。

コーラルとは珊瑚。
珊瑚はどんなふうか?

珊瑚には殻がある。
殻があるから、集合体の中で共存できる。
繊細な実体を殻で守り、それによって密集しながら生きている。

つまり、殻は叡智なんだ。

その時、やめなさい、というメッセージが下りてくる。

殻を破るのはよしなさい、と。

え!? 殻を破るなって・・・。
私は今まで、ヨガをしながら、どれほど自分の殻を破れるか、
着こんだ鎧を脱げるか、ということばかりを探求してた。

もちろん、開いていることがいい、という単純な発想はもうない。
開いてることが良くて閉じてることが悪いなんて、まったく思ってない。

開いたら閉じる、閉じたら開く。
その繰り返しでいいし、バランスだと感じてる。

でも、殻をつけたままでいなさい、とはどういうことなの?

そして、その殻の叡智を持ったまま、変容の炎ですべてを変えていきなさい、と。

その変容のパワフルさは、ただものじゃないらしい。
超、強烈な変容の力。

龍がブォオオって吐き出す強い炎。
一瞬にしてすべてを変容させてしまうほどの力。

これが、私のソウルボトル。
私が持って生まれた、魂の性質。

そして2本目はヴァイオレットとペールピンク。
これ、女優、というボトル。

この世に生まれ、与えられた役柄を、真の自分を演じなさい、と。

ここには、ありのままをただ観ていなさい、というメッセージと共に、
深い嘆き、隠された怒り、というキーワードが入ってきた。

この嘆きや怒りはエネルギーの源。
この一見ネガティブなエネルギーを、何に変容し表現していくか?

そして、私は嘆いていて、怒っているんだと、気づいてあげること、
さらに私は、嘆いていいし、怒ったっていいんだ、と、自分に言ってあげること。

その怒りというエネルギーを源に、深い愛を表現していくこと。

これが、私の今生の課題。
これ、すごくしっくりくる。

そして私は、「殻を破らなくていい」というメッセージの意味をキャッチした。

無理しなくていいんだ。

嘆きや怒りの対象者へ、その嘆きや怒りのエネルギーを愛に変容させ
接していくんだけれども、適度な距離、殻を保ちながら接していいんだ、

という実生活とのリンクを見つけて、
心からほっとして、涙が溢れ出てきた。

そのメッセージをくれた、ある私の大切な人、
その人の魂が私にそう話しかけてくれた。

私がいるから大丈夫よ、と。

その人のことは、毎年の命日にふと思い出す程度で、
でも10歳の頃の私に強い印象を与えていた、
とてもとても優しい、天使のような方だった。

私は、本当に驚いた。

今、その方の魂と繋がれるなんて。

というより、その方の魂が、ずっと私を見守ってくれていたなんて。
今まで、気づきもせず、意識を向けたこともなく、

でも、こうして気づいた瞬間、そのことですべてが符合するように、
パズルのピースがそろったようにいろんなことが、しっくりとくる。

母の葬儀の日、私の頭上を飛んでいた白いワンピースを着たおかっぱの女の子。

それは間違いなく私自身であって、その白いワンピースは、
私を見守ってくれてたその方が、私のために編んでくれたもの。

私はそれを宝物のように、ずっととってあって、
おそらく、今でも実家の押入れの奥に眠っていると思う。

その方の存在が、子供のころの私をどれほど救ったか、
そして、その方の死が、私にとって消化しきれてない強い印象を与えていたこと、
ありありと、思い出して、そこに想いをはせて、今、流してあげよう。

今日のセッションのハイライトは、思いがけないところへ。

他にもたくさんのメッセージがボトルたちから与えられた。
そのすべてが、今の私に必要なことばかりで驚くほど。

わかりやすく導き出してくれて、また私の潜在意識に丁寧に寄り添ってくれた
プラクティショナーのみさちゃんの手助けがあって気づきの幅がぐんと広がった感じ。

彼女の持つ野原の妖精のような質感が私は大好きで、
彼女の直感からくる、問いかけが、私を新しいところへ導いてくれた。

自己探求にも「気づきの癖」というか、同じルートを通りがちで、
こうして寄り添ってくれる人の存在がいると、展開するんだな。


さて、今日のコンサルテーションを受けるきっかけになったのは、
Facebook にアップされたある企画。

『秋だヨ!全員集合 ☆Love&Light祭り☆』

これは何かっていうと、青梅でヒーリングサロン「あまてらす」を主宰してる
みさちゃん立ち上げたチャリティー企画で、

オーラソーマのコンサルテーションを受けた人に、コンサル代金を、
そのまま全額キャッシュバックして(つまり、コンサルテーションはタダ)、

その代り、その分を、世界にLove&Light(愛と光)を増やす活動に充ててね、
っていうメッセージなんだ。

その名も、Love活。

そのLove活は、自分のためでも、人のためでも、環境のためでもOK。

「自分が愛と光りに満ちていれば、それは自然と周りにも愛と光を増やすから♪」
というミサちゃんからの言葉を受けて、すぐに参加表明した私。

だから、今日のコンサル代を、まずはセカンドボトルの購入に充てて、
自分の課題に対して愛と光を注ぐことを表明します!

そして、今後もヨガを通して、人の心に愛と光を生み出せるような時間を作ること。

そして私の中にある強い情熱、強烈な変容の炎、深い母性や愛、
時に、深い嘆きや怒りといったエネルギーを愛に変え、
惜しみなく分かち合っていけるように。
誰に対しても分け隔てなく、分かち合っていけるように。

同時に、自分のことは叡智の殻で守りながら犠牲にならないように。

Love & Light.
Love & Jai.

みさちゃん、心から、ありがとう!

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。