スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アーサナを深めるって?

先週の木曜日、スタジオでトシさんが開催した
『アーサナを深めよう!』というワークショップに、
アシスタントとして参加させてもらいました。

ヨガをしてて、たまに「アーサナ」ってなんだろう?って思っちゃいます。

体を動かすことで得られることって、ものすごく多い。
エクササイズという域をゆうに超え、ヨガのアーサナには魔法がある。

体のこわばりや硬さを知る、伸びや縮みを知る。

動くことで体と心がつながってくる、
刺激に対して意識がフォーカスされてくる、集中力が高まる。

呼吸を感じて、リラックスしてくる。

とはいっても、いろんなポジションの中で、はっきりとした快・不快を感じる。

そしてそのときの自分の感情を知る。思考のクセに気づく。
凹む、落ち込むときもある。サイテーあたし、って思うこともある!

でも、そのクセに気づき、いまの自分の状況をそのまま受け止められたとき、
アーサナの魔法は効いてくる。

90分のクラスで、心・意識が体とともに居続け、呼吸を感じ続けることができたとき、
その後の解放感は、格別なもの!

イジイジと考えてたことや、自分で自分をがんじがらめにしてたこだわりや固定観念が、
パカンっという音を立てて、私から剥がれていくような、そんな実感を味わえる。

はぁ、ラクチン・・・。
こうでなきゃ。
力を抜いて、ラクチンに生きてかなきゃ。
生きてくってこういうことだよ。

なんて思ったりする。


さてさて、そんなアーサナを「深める」ってどういうことかしら?

私にとって「深める」という言葉のイメージは、

その場所に留まり地面を掘り下げていくような、
深く掘っていくと、そこから悠々と豊かな水が湧き出てくるような、そんな感じ。

みんなが持ってる潜在的な力、資源、能力に到達していくようなそんなプロセス。

だからこそ、ゆっくりでいいから、大切なものを掘り起こすように、
小さななシャベルをつかって、繊細に掘っていくのです。

ガツンと石にぶつかるでしょう。

でもその存在を無視せず、無いものとしないで、
その存在を尊重してあげる。
だって、意味があって、なんかの必要があって、石もそこに存在してたんだもん。

そして、いまその石の存在に気づいて、もう必要がないと気づいたら、
そっと掘り出し、手にとって眺めてあげて、脇においてあげればいい。

そんなことを繰り返しやっていくことが、ヨガのアーサナなんじゃないかと、
思うのです。

ヨガスートラに書かれているアーサナの定義、
「アーサナは安定して快適なものである」という一文は、
シンプルな言葉ですべてを言い表してると、本当に感心してしまう。

安定して快適じゃないと、そこに留まり、丁寧な作業は続けられない。
無理無理な体勢で、地面を掘り続けろって言われても、ムリだよね。

だからこそ、体のアライメントを整え土台を安定させること、プレスポイントを
意識して効率よくエネルギーを流すこと、とても大切です。

リラックスして、ひと呼吸ひと呼吸、自分の内側にシャベルを向ける。
そこに留まり、掘り進める。

すると、そこから豊かな水が湧き出てくる。
そんなプロセスが、アーサナを深めていくことになると思う。


ちなみに、私の中で深めるのが苦手だなぁ、と感じるアーサナは、
アルダマッツェンドラアーサナ(座位のねじりのポーズ)。

なぜ苦手かというと、ついつい、ねじろう、ねじろう、もっとねじろう!
体がグルリと一回転するくらいねじってやれ!という思いが湧きあがってきちゃう。

巨大なシャベルカーみたいなのが、轟音とともに近づいてくるような感じ!?

小さな変化を感じ取るように、少しねじられたところに留まって、
次の自然な展開を待てるような、そんな深みのあるねじりを味わいたいなぁ。

Om Shantih.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: No title

わんこちゃん、おひさしぶりv-222
忙しい毎日を過ごしてるみたいね。

私も、むかし、何か月もスタジオに行けないことあったけど、
心はいつもクリパルにつながってたから、その気持ち、よくわかる!

石。
書いた後、なんだか抽象的な表現でわかりづらっ・・・って思って、
ちょっと自分にダメだし、してたけどv-356
共感してくれて、嬉しい。

その時は必要だったんだ、って気づきが、私にもあった。
だからこそ、それを受け入れてあげれたんだよね〜。

私もクリパル大好きv-238

いつでもスタジオで待ってるからね!またね〜。

No title

お久しぶりです。なかなかレッスンに行けないけれど気持だけはクリパルから離れてないつもりでいます。

石、のところが妙に共感しちゃう気持ちになった。

石があると中々掘れなくて続けるのが嫌になったり疲れてみたくない存在に感じていたけれど、自分はそれだけ石を固めて身を守っていた時期もあったな〜と最近思えるようになったの。

その時は必要だったんだ。

そう思えてから無理しないで、今の私にできることから始めて安定していけばいい。とても楽になった身が軽くなった感じ(^〜^)やっぱりクリパル好きだ〜。

このWSも受けたいな。
プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。