スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

シェアリングというエッジ

連休前の土日、ディープなワークショップ2連ちゃんでした。

まずは、土曜日、待望の『アドバンスヨガセラピー』。
そして、日曜日、心理学専攻ヨガティーチャーKenの『関係性への気づき』。

私の真ん中に、ズドンときました・・・。

細かな内容も振り返りたいけど、
まずは今直面してる自分のエッジについて。

私は「シェアリング」が苦手だ。
なにが苦手かというと・・・

全体シェアの時、なかなか手が上がらないあの時間、
誰もシェアしないあの沈黙が耐えられず、
「あ・・・シェアしなきゃ、この場をどうにかしなきゃ」と
全然必要のない責任感を感じ、つい手を上げてしまう。

そしていざしゃべりはじめたら、何が言いたかったのか、
いまいち焦点が定まらず、なんとなく表面的なことを言うだけでおしまい。

そして、本当のエッジはそこから始まる。

あんなつまんないシェアリングをしてしまった私、恥ずかしい、
みんなはどう思ったんだろう?
っていうか、本当に言いたいこと、全然言えてなかったし・・・。
もっと前向きな気づきがあっただろうに・・・。

などなど。

そんな自分を非難する声に、数日悩まされるのです。

小さい・・・。

知ってるよ、そんな自分の小ささは。

「もう二度とシェアはしない。絶対に手をあげない。
シェアリングの時間はずっと下を向いてよう。」

なんて思ったりもするくらい。

でもクリパルを続けるからには、このシェアリングのエッジと
向き合っていかなくちゃ、とも思う。

そして、以前トシさんから聞いたこんな言葉を思い出す。

「僕もシェアが嫌いだった。
でも自分の体験を語らないということは、みんなから学びの機会を
奪うことになるんだ、と気づいた時からシェアできるようになった。」

なるほど・・・。

私もそう思えるようになりたいなぁ。

自分の体験を言葉にするのは難しい。
心の中の葛藤や混乱、そしてその混乱状態から抜け出てきたプロセスを
人に伝えることは、本当に難しい。

心の中で起きる葛藤は、だいたいが、長年付き合ってる心の癖が呼び
起こしてるもので、それと適度な距離を保てないとき、私の心は混乱する。

そうなると、私の心はその「悪癖」にしがみついてしまい、
なかなか自由になれない。

私がその混乱から自由になれるまでには、少し時間が必要なのだ。

混乱した、そのありのままの状態をもヨシとしてあげて、
それをシェアすることに意味を見いだせれば、私も少しは楽になるのか。
そこから自由になれるのかな、なんて思ったりもする。

いや、なんにせよ、ワークショップに参加しシェアリングをした後は、
決まってこのエッジの中に閉じこもってしまう私がいる。

そんな私の手元に、先日amazonで購入した瞑想の本が届いた。
その本の帯に書かれていたフレーズが、私の心をほぐしてくれた。


 わたしは安らかで幸福でありますように
 わたしは怒りや憎しみを手放すことができますように
 わたしは自分を裁く心や自己嫌悪から解放されますように
 わたしは喜びに満たされますように
 すべての生き物たちは喜びに満たされますように
 その喜びを共に喜び分かち合えますように

                -「気づきの瞑想」を生きる-
                     プラユキ・ナラテボー

そうなんだ、すべては自分の心が決めること。
しがみつくも、手放すも、私の心が決めることなんだ。


Om Shantih.


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: No title

miwaちゃん、優しい言葉、ありがとう。
そう、YTTのときも、同じこと何度も繰り返した気がするわぁ。

時に、他のひとのシェアの時間を奪ってしまった、っていう罪悪感が、
重〜くのしかかってきたこともあり・・・。しょーもないよねー。

でも今日はmiwaちゃんの言葉をすなおにいただく。

そしてこれからのシェアのときは、自分にひと呼吸させて、
その沈黙への、反射的な反応じゃない、心からのシェアをしたいと思う!

だいじょうぶ、という言葉があったかかったぁ。ありがと。

No title

またおじゃましま〜す。
私、haruちゃんのその瞬間気付いてたよ。
あの沈黙の時にさっと手をあげてくれるharuちゃん。
私だけじゃなくて、みんな気付いていそうだけど。
私は他の人のシェアがすごいな〜といつも思ってしまうから、haruちゃんのシェアにも批判的な事を思ったことがないし、haruちゃんはいっぱい気づきがある人やな〜と思ってた。そして、周りを見ながら、いい時を見てシェアしてくれてるような感じがしてた。
あの場にいると、haruちゃんの言葉になっていない部分も感じられるような、わかるよ伝わってるよーって言いたくなる。

だから、だいじょうぶ。
プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。