スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヨガセラピーにて・・・(長いなぁ)

先日参加した『アドバンスヨガセラピー』のセッションにて・・・。

セッションに入るのはとても久しぶりだったから、いったい何が出てくるのやらと、
小さな不安を胸にその時間を迎えました。

最近またしても、過去の記憶に潰されそうな日々を過ごしていて、
その上、日々の疲労は慢性的になり、なんとなく鬱々な気分になることが多かったから。

でもさ、こんなときだからこそ、セラピーから得られるものは多いはず。
そして、そこに何が出てこようが、それは今の私に必要なことなのだ。
そう信じて、自分と向き合ってみました。

今回は2つのアーサナを連続で行い、そのセッショントータルから、
ひとつのインテグレーションに進んで行った。

ひとつ目はセツバンダアーサナ。

骨盤を浮かせて胸を最大に開いていき、肉体的な感覚への気づきが
ある程度終わったあたりから、急に「罪悪感」が湧き上がってきた。

それはカズへの「申し訳なさ」だった。

実はその日の朝、グズってる私に対して、カズは優しく言葉をかけてくれた。

にもかかわらず、イラっとしてた私は、「上からモノ言われてムカツク」という、
私が陥りがちないつもの反応パターンで受け止めてしまい、

「うるさい!アドバイスなんていらない!」とその言葉を振りきって出かけてきたのだった。

そうそう、この「全然わかってくれない!」という心の声は、私の口癖ならぬ心癖・・・。

上から押さえつけられるような感覚を覚え、「うるさい!」のひと言で耳をふさぎ、
暴力的な態度でその場を終え、実際はその問題から逃げてしまう行動パターン。

これは、私の中でも、かなり古い時代に身につけ、身を守ってきた癖なのだ。

そしてこの癖に気づいたとき、愕然としたことをよく覚えている。
この行動は、そっくりそのまま、父親の行動だったから。
嫌悪してる人と同じことをしてる自分に出会ったときのショックは相当なもの。

それ以来、この癖については細心の注意を払って見直してきたものの、
心を許した相手にほど、ヒョイと顔を出してしまう。

セツバンダの中では、ただただカズに申し訳なく、涙がポロポロ溢れてきた。


そしてふたつ目、スプタマツェンドラアーサナ、ねじりのポーズに移行。

床にねっ転がって全身を大きく左右にねじっていくため、
その左右差を感じていくと、そこから得るものがあるセッションだと思う。

ホールドして数分たったあたりから、右の腕全体がビリビリ痺れてきて、
その痛みから「不快感」というか「損してる感」が浮かびあがってきた。

なぜか。その時、左腕は、とってもリラックスして、ラクチンな感覚があったから。

右腕は左腕に対して、「ずるいよ、なんでアタシだけこんなにキツイの?」
「左手さん、あなたラクしてない?」「こんなキツイ目にあってるのアタシだけ?」

自分の内側で、右と左の個性が生まれてきて、会話を始めてるような感覚。
とはいえ、左腕は答えてるわけじゃないんだけど・・・。
右腕が勝手「被害者」になって、ブツブツ言ってる感じ。

そして、リリース・・・。
右腕にもたっぷり血液が流れ込み、痺れが収まり不満も消えた。

次、反対側。

「今度は、左が痺れてくる番だ・・・」
そう私の頭が予想をしていたにもかかわらず、左腕にその痺れは生まれなかった。

その代り、下半身がズンと重たく、抑圧された感覚が生まれてきて、
なんというか自由を奪われてるような・・・

そのとき、右腕が気づいた。

「あぁ、ツライの私だけじゃないんだ。」
「同じ状態じゃないけど、そっちはそっちで、いろいろあるんだね。」


そのとき、「みんな、それぞれ、別々の道を生きてるんだよね」という声が、
私の中から生まれてきた。

その「道」が交差したり、重なったり、すれ違ったり逆行したり。
そうして私たちの「関係性」が生まれてるけど、基本的には、みんな自分の道を
ただひたすら歩いて行くしかないんだ、という声が聞こえてきた。

「はるーた、自分の道をいきなさい」

そう言われてる気がした。

でもね、私は、その道を見失い迷うことがあるだよ。

あるいは、人が歩いてるその道が美しく平坦で、なんて生きやすいんだ、と
羨ましく思っちゃうことがあるんだよ。

これこそ、過去の囚われ。
以前の私はこの「損してる感」と「被害者意識」と「羨望」に囚われて、
自分の生きるべき道を見失っていたんだ。

バカみたいな話だけど、ほんのちょっと前まで(時には今現在も…)本当に、
子供のころに満たされなかったことをずっと引きづって生きてきた。

だけど、人は皆、他人には計り知れないさまざまな葛藤のなか、
自分の道を歩いてる。こんな当たり前のことを、実感を伴って理解し、
腑に落とすことがなかなかできなかった。

今の私は、被害者でもなければ、損してることもないんだ。
人を羨んだところで何も始まらないと、しっかり理解してるのに・・・。

まだまだ昔の癖で、ふとそんなところに落とされることがある。

このセッションで、ハイヤーセルフははっきりと言ってくれた。

「自分の道を行きなさい」

そして、アファメーションを作る作業になり、最初に浮かんだ言葉は、

「私はもう迷わない」

これを肯定的なフレーズになおす作業が必要だったので、

「私は自分の道を知っている。(知ってるからもう迷わない!)」

というアファメーションに変えた。

うん、しっくりくる。素直にそう感じることができた。


毎回毎回、やっぱり同じような所に陥る自分に出会う。
でも、こうしてヨガを続け、日々、自分の心の癖に気づき続ける作業を
地道に続けることでしか本質的な変革は生まれないんだ。

変革の前には、必ず混沌とした場に足を踏み入れる。
でもその混沌、カオスを体験してこそ、次のステップに進むことができるんだ。

はぁ・・・。
セッションから少し時間をおいて、その全体を俯瞰できた気がする。
こうして書き綴ってみると、改めてこの体験が自分を癒してくれたことに気づく。

この日以来、過去の記憶が蘇り苦しみを生むことがなくなった。

今、私が歩いてる道に、過去の記憶は、目の前に現れた邪魔モノでしかない。
私はその存在に対して、毅然と、でも優しく「そこどいて」と言っていいんだよ。
そう思えたとき、記憶に対して距離を置けるようになったんだと思う。

今、体の中で何が起きてるのか、ただそれを見続けることで、
こんなにもたくさんのことが起こってきちゃう。

つくづく「瞑想だな、これは」と思える。

「今、この瞬間」に留まり続けることで、無意識な、反射的な行動・思考のパターン
から脱却できる。そして、自分で生み出した苦しみは消え、次からはその苦しみを
生みだすこともしなくなる。

そこから新しい自分が生まれてくる。この繰り返しだ。
こうしてポジティブなスパイラルの中で生きていたい、と心から思う。

だって、私は幸せになるためにヨガをしてるんだもん。
そして間違いなく、今まで生きてて今が一番幸せだと思えるんだもん!

今に導いてくれたすべてに感謝してる。

どうもありがとう。

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。