スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

人生を楽しむ心を育む

11/3(祝)に開催された『クリパルヨガの一日』ワークショップでのこと。
私たちクリパルティーチャーは、グループティーチングを行いました。

私が知る限り、これはクリパル独特のもので、
ひとつのクラスを、複数のティーチャーが交互にリードをとる。

私の場合、今回が2回目。
前回は、今年の1月の同じワークショップで、
チヨとふたりでプラタパーナをリードした。
あの時は緊張でガクガクしたのをよ~く覚えてる。

さて、今回も同じく「プラタパーナ」をチヨとゆかと3人でリード。
そして午後の2時間のアーサナセッションでは、スタッフ8名で各15分ずつ、
順番でリードするということになっていた。


終わってみて思う。

今回、私はグループティーチングのおもしろさを実感できた。
そして、エッジでの心の在り方に変化が生まれる体験もあった。

それは、未知なるものへのわくわく感。

「未知なるもの」

そういうとちょっと大仰?

でもね、よ~く感じてみると「一瞬先は全て未知」という現実があって、
毎秒毎秒、生きてる一瞬一瞬が、実はすべて未知なる時間の連続。

とはいえ、ある程度予想のつく展開で日々生きてるから、
そのことをつい忘れてしまう。

暮らしの中には次の展開が読めない出来事もある。
その時、不安を感じたり、怖がってみたり、心配したり、気がかりになったり。

そんな感情から、反射的に作り上げてしまう反応は「緊張」。

そして「緊張感」は、鼓動が速くなったり、みぞおちが硬くなったり、
声が震えたり、手足が冷たくなったり、とものすごいたくさんの
肉体的反応にもつながってくる。

心は、その未知なるものに吸い寄せられて、未来にすっ飛んで行く。
まだ起こっていない事柄を、あーでもない、こーでもない、と想像して妄想して
そんなイメージに一人勝手につぶされてる自分に出会う。

うーん、へこむ・・・。

そうそう、今までの私は、こんな展開に巻き込まれてた。

私という存在が、緊張感そのものになっちゃって、
で、いざ、その「未知なるもの」が、「今」という時間で展開されている時ですら、
心はまだ「未来」にいるから「今」を体験できない。

結果、「なんだか、あっという間に終わっちゃった」ということになる。
後から考えても、「何をやったのか、よく覚えてない」なんてことが起こる。


だけど、今回、グループティーチングを通して、ふと感じ方が変わった。

私がどんなに準備をして、うまくやろうと努力しても、
他のティーチャーが、どんなアーサナをどんなムードで展開するか、
どう想像したって答えはない、という状況に気づけたから。

結局、その場の空気、プラーナに委ねていくしかない、という現実に気づけた。

そうしたら、その未知なるものが、なんだか急に、おもしろそうだな、という
思いに変化してくれた。

いったい、どうなるんだろう?

何が起こるんだろう?

楽しい時間になるといいな。

私もできることだけ、精一杯やろう。

楽しもう!

っていう、超シンプルなポジティブスパイラルに入り込めた。



クリパルヨガでは、この未知なるものと出会う瞬間を「エッジ」と表現する。

エッジの先は未知なる領域。
心はいつも、その手前、既知の領域に留まりたがる。
快適で安心なその場所にいれば、安全だから。

だから、私は、今までの人生で何度も何度もエッジから逃げ、
見て見ぬふりをしてやり過ごしてきた。

いつも同じような反応で、同じような失敗も繰り返してきた。

だけど私はクリパルを通して、

「日々の暮らし、人生で、そのエッジを無視して生きてくことはできない」

ということを知った。
不安や恐れ、緊張といった居心地の悪さと共にそこに留まり、
新しい自分の思考パターンや行動パターンを見つけて進んでいくことで、
エッジは常に変化し、今まで知らなかった領域に足を踏み入れることができる。

それは、人生の可能性を広げてくれる。

この一瞬一瞬が未知なるものであるならば、
その瞬間から逃げず、恐れず、不安を持たず、
どうなるんだろう、何が起きるんだろう、楽しみだ、わくわくする、と
生きていくこともできる。

これって、人生を楽しむ心を育んでいるんだ、ということに気づけた。

今までの人生でも、「もう無理、ダメ、生きていけない」ってことは山ほどあった。
でも今もこうしてゲンキに生きてるってことは、つまり、どうにかなってきた、ってこと。
そこにもっと自信を持とう、と思う。
そして今後はさらに、人生を楽しむ、というモードに切り替えていこうと思う。

大丈夫。

ひとつひとつ、丁寧に乗り越えていけば、そのすべては経験という糧になり、
次のエッジに向き合う勇気となる。

力になる。


実際、グループティーチングを終えてみて、
自分のリードがうまくできたかどうかはわからない。

でも、緊張感なしでその場にいて、クラスをリードしているその瞬間に
心も体も魂も、全部が一体となって存在していた、という実感はある。

だからそれで十分。
そこで起きてたことに良し悪しという判断は必要ないと思う。

だって本当に楽しかったから。

今生きてる時間を楽しもう。
人生をもっともっと楽しもう。
長そうで短い命を、もっともっと、味わおう。

ヨガのクラスから、私は大きなものを教えられる。
それに気づかせてくれるスタッフみんなの存在、
クラスに参加してくれるみんなの存在。

そして、こんな私の思いにいつもちゃんと耳を傾けてくれて、
一緒に感じてくれるカズの存在。

カズが言ってくれたんだ。
一緒に人生を楽しむ心を育もう、って。

ありがとう、みんな。

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。