スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パーティに行くことが・・・

この間、ホームパーティに招待されお邪魔してきた。

パーティ。

なんだかくすぐったい響き。

若かりし頃、パー、と聞いただけでウズウズしてた私だけど、
5年前くらい前から、そういう、人が集まる場所に行くのがすごく怖くなって、
外出を避けるようになっていった。

知らない人がたくさん集まる場所。
その中で、自分はどう振る舞えばいいのか、わからなくなってきたんだ。

あはは、あのパーティーガールが何を言う!自分でも驚くね。

ちょうど4年くらい前、カズの友達の結婚パーティに呼ばれて六本木に出かけた。

当日は、朝から憂鬱ながら、どうにかオシャレして出かけてみた。
でも、電車が六本木に近付くにつれ、息苦しくなり足がすくみ、
ホームに降りるのでさえ、手を引かれながら、という状況。

結局、店に向かう途中で泣き出してしまい、近くのカフェでひと休み、
それ以上行くことができずに、泣きながら家に帰ってきた。

あのとき、何が起きてたんだろう?

あの当時から、私は、いろんなモノを、やめていった。
その中に、人付き合い、も含まれる。
連絡先を伝えずに携帯を変えて、昔の知り合いから身を隠すように、
ひとりっきりになろう、と決めた時期でもあった。

人と接するときに、むやみに力んで頑張ってしまう自分がイヤだった。
お酒を飲み、はしゃぎ、大きな声で笑い、身振り手振りで自分をアピールして、
でも家に帰ってくると、無性に疲れて、自分の振る舞いすべてを後悔し、
息苦しくて、すべてを消したくて、そのまま自分も消えたくなった。

そんなことを繰り返してたら、しだいに、人に会いたくなくなった。

大勢の中で感じる孤独感、その孤独感に気づきたくなくて、
キョロキョロしながら誰かとつながろうと精一杯。
人にどう思われるか、人に好かれるか、すべての基準がそこに集約しちゃって、
何が自分らしい振る舞いなのか、全然わからなくなってた。

本当に思う。
ヨガがあってよかった。

だってね、「自分らしさ」ってものに気づけたから。

誰と一緒にいようと、私らしくそこにいる、ってことが
前よりずっとずっとできるようになった。

人からどう思われるか、という不安定な物差しでしか自分を測れなかった私が、
今では、そんな物差しすら持たずに、ただありのままの私で接すればいい、と
心から思うことができたから。

とはいっても、まだまだ、人の集まりに出向いていく勇気が持てずに、
やっぱりゴメン、とドタキャンしちゃったことも何度かある。

今回も誘われたとき少し悩んだ。
まだ怖い。

そしたら、カズが優しく背中を押してくれた。

「はるーたは、もう大丈夫だよ。無理にはしゃがず、リラックスして、
 ただ自然体でそこにいればいいんだよ。」

うん。そうだよね、大丈夫だよね。
そして、思い切って出かけてみた。

夜10時近くに到着。お部屋にはすでに20人近い人がいて、そのすべてが初対面。
友人は、「私のヨガの先生なの」と私を紹介してくれて、
私も皆さんに挨拶をする。

ヨガに興味をもって話しかけてくれる方もいて、
私もリラックスしながら、そのひとつひとつに誇張もせず、
負い目も感じず、ただありのままを話した。

そこで過ごした2時間余り。

途中、話し相手がいなくなり、ひとりで部屋の隅っこに座ってお茶を飲んでた。

以前の私なら、こういう時間が耐えられなかったんだ。
ひとりでいる、かっこ悪い、誰かと話さなきゃ、盛り上がらなきゃ。

楽しそうに振る舞わなきゃ、酒飲まなきゃ、踊らなきゃ!!!

そう、全部が、○○しなきゃ、という焦りからくる行動。

でも、その日は違った。

私は誰ともしゃべらずに、ただそこに座ってみんなを見てる。
楽しそうに話してるみんなの姿を、ただリラックスして見てる。
私は孤独じゃない。

私は自分と繋がってられた。
自分がしてる呼吸に気づきながら、そこでにこやかに座っていれた。

そしたら、また、新しい人が近づいてきてくれて、
少しおしゃべりが始まった。

そうそう、私は自分のペースを守って、そこにいれば大丈夫なんだ。
必要な出会いは、自然とやってくる。
焦らなくて大丈夫。

人から言わせたら、小さなことかもしれないけど、
この日の出来事は、私にとっては、大きな一歩。

誘ってくれたMちゃん。
そして「大丈夫だよ」と背中を押してくれたカズ。

いつもありがとう。

若いころは、パーティが好きなフリをしてたんだと思う。
これからは、本当の意味で、人との関わりを生む場が、
好きになっていくんじゃないかと、思う。

Om Shanti.


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: No title

chieちゃん、ありがとう。
同じ気持ち、同じプロセス。
はぁ、伝わって嬉しいなぁ。

そうなんだよねぇ。私もお酒やめてから、
シラフでも全然楽しい♪ってことに気づいたの。
そこでのコミュニケーションって、いいよね!
うん、一緒に目覚めていこう〜!

No title

はるさん、感動した!
そして、私もいま同じプロセスの中にいるよ〜

他人にどう思われるかじゃなく、自分がどう思うかを大切にして、リラックスして本当のことを話す。

私は今、お酒があってもなくてもいいやって感じなんだけど、人が集まるなかでのシラフでのコミュニケーションの面白さに目覚めつつあります。
プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。