スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

体の直観力

最近の私のクラス。
ちょっと汗かきます!

いや、リードしてて冷や汗かいてるんじゃなくてよ。
正真正銘、熱い汗です。

私は、ゆったりまったり、のんびりヨガが大好きなので、
セルフプラクティスも、気がつけば床から離れないこともあり、
そうなると、クラスでもついついそんな流れになっちゃって、
リラックスするけどなんだか物足りない、とか、
まったりしすぎて眠くなる、とか、
「うーん、それはちょっとなぁ・・・」と思い始めてた。

それで「これじゃいけない!」と心入れ替え、
今年に入ってから、トシさんのヴィゴラスに出たり、他のスタジオに足を運び、
ヴィンヤサで体を大きく使うクラスに参加したりしてる。

うん!
刺激的です。

体を使うということに、再び目覚め始めてる気がする。

2ヶ月ほど前、あるスタジオのヴィンヤサヨガに出た時、
けっこうキツイアーサナの連続で、腕もぷるぷる、脚もガクガクな状態のとき、
周りを見ると、同じくヨロヨロしながらアーサナに向かっている皆さんがいた。

思わず、「危ないな~、ケガしちゃうよ、アライメント調えてから入らなきゃ」
なんて、妙に玄人目線で、そのティーチャーに対しても、
また頑張りすぎてる皆さんに対しても、批判的な感情を抱いてる自分がいた。

同時に怖がってる自分に出会ったり、ちょっとハスに構えて
「やっぱりこんなアーサナ、必要ないんじゃないかな―」と思ってみたり。
どうしてもネガティブに、この状況を捉えてしまう。

そんなとき、私は自分のヨガに集中していない。
だから、私もヨロヨロしてる。

すると・・・「あら、私、ヨガティーチャーやってるくせに、
こんなヨロけちゃって恥ずかしい。」なんて思いまで湧き上がってきた。

参るなー。人目を気にするクセが、また顔を出す。

集中しよう。呼吸に意識を向けて、この肉体の一番バランスのとれる
ところを見つけ出そう。
このポジションをキープするに必要な力、そしていらない力みに気付くんだ。
そして、それを手放そう。

少しずつ心のおしゃべりがやみ、マインドが静まってきた。
中に意識を向け、プラーナに従って動き始めたら、
次第に周りのことが気にならなくなり、自分の中心を見つけ、
揺れが収まり、ハラの奥に力を感じ、アーサナが安定してきた。

そう、これだ。

体を大きく使ったときの、独特の集中力、達成感、わくわくする高揚感!
積み重ねることへの信頼、自信、満足感、喜び。

最後のシャバアーサナの中で、私はそんな感情をいだいて満たされていた。

勇気をもって少し高い目標に向かっていくことの大切さ。
頭以上に体が直観的に知ってるんだって、感じた。

そう、体の直観力だ。
それを導き出すためには、体を使うしかない。

ヨガには肉体の鍛錬、という意味合いも十分ある。
それは、瞑想で長時間座すためのものであり、また心と向き合うためのもの。
ハラが座った力強い自分にならないと、心となんか向き合えない。
意識的になって、変革に向かっていくことなんてできない。

自分が歩んできた道、そしてこれからも歩み続ける道を、
改めて知った思いがする。


それからというもの、月曜のモデレートクラスは、
『はるヨガ変革へのチャレンジ!』を続けています。

毎回、新しいことも取り入れているので、自分としては落ち着かなかったり、
ぎこちない部分もあり、毎回、たくさんの課題をもらってる。

でも、それも次のステップへの一歩だから。
失敗を恐れていては、前には進めない。

幸い、いつも来て下さる皆さんが、そんな私の思いと変化を、
温かく受け入れてくれて、さらに、それを楽しんでくれてる。

体を動かすことの楽しさを実感してくれてる。
みんな、額から汗を流し、集中して練習に取り組んでる。
そして、いい笑顔で帰っていく。

私は、また来週のクラスに向けて、反省し練習を繰り返す。

こうやって、生徒と共に学び続けるのがヨガティーチャーの在り方だと思う。
一生、「学び人」でいることが、教師の在り方だと思う。

新しいチャレンジには失敗はつきもの。
でも、そこから何を得、何を次に活かしていくかが重要なところ。

カンペキなんてどこにもない。

いつも、すべてがプロセスの中にある。変化の中にある。

そう思いながら、今日もこれからヨガの練習をする。


Om Shanti.


スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: うなずきました

ようこさん、コメントどうもありがとうございますv-421
そう言っていただけて嬉しいです。

ようこさんもご自分の体験として、それを感じてるんですね、きっと。

ふにゃふにゃ、な時もあっていいですけどねー。
でも、いざというとき私たちには「ハラの力」が必要になります!

ところで、HP見させていただきました。
子供音楽会、ステキな活動ですね。
うちのダンナさんもミュージシャンなんです。
彼を見てて、「音楽はヨガ」だと感じてます。
きっと、ようこさんも、音と向き合う中で、自分自身と向き合われ
てるんだろうなって思いました。

また気軽にコメントくださいね。
どうもありがとうございました!

うなずきました

はじめまして。
クリパルヨガに一度行った事がある私です。
その時はいまいち違うかなと思って続けませんでした。
でも、はるさんのブログは共感するところが多くて
いつも読ませて頂いています。
今回初めてコメント入れます。

ハラが座った力強い自分にならないと、心となんか向き合えない。
という一言が響きました。

前向きな、改善・改良・改革に結びつけられる
心との向き合い方は、自分が根本的にエネルギッシュであること。
弱いふにゃふにゃの自分に漂いたい時もあるけど
それだけの「癒し」だけでは進めない。
そう、思います。

いい言葉をありがとうございます。

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。