スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内なる虚空(アーカーシャ)

よく、外側の宇宙を「大宇宙」といい、
私たちの内側の宇宙を「小宇宙」といった言い方をします。

そして、その大宇宙と小宇宙は、”同じもの”だと。
同じ元素からなりたち、同じ質感を持っている、と。

昨日の勉強会で、このトピックスを扱ったとき、
なんだか、胸が熱くなって、涙が溢れそうになったので、
うまく表現できるかわからないけど、シェアしてみる。

この宇宙は、五元素から構成されている(成り立っている)。

虚空(アーカーシャ)
風(ヴァーユ)
火(アグニ)
水(ジャラ)
土(プルティヴィ)

そして、私たち自身もまた、この同じ五元素から成り立つ。

では、大宇宙の虚空(アーカーシャ)は、
小宇宙=私たちの中のどの部分に相当するのか?

肉体の内側にある小宇宙の虚空とは?

それは、肉体の大きさに比例するような、
例えば、体の大きな、背の高い、太った人が、大きな小宇宙をもつ、とか、
背の低い、痩せた人が、小さな小宇宙をもつ、とか、
そんな次元の話なのか?

いや、そうではない、とパンダ先生は教えてくれる。

大宇宙を構成する五元素の、虚空以外は、すべて計れるもの。

例えば、地球の面積(土=プルティヴィ)や、海の総容量(水=ジャラ)
(他にも、火の熱量(火=アグニ)大気圏の空気の質量(風=ヴァーユ)と
 いう意味なんだと思う)

これは、計れるもの、measurable。
しかし、虚空=アーカーシャ 宇宙の質量だけは、測れないもの。

私たち自身もそう。
体重や、内臓の質量、体内の水分量などは計れるけれど、
絶対に図れないものがある。

それが、心、ハートだ。

つまり、私たちの中の小宇宙、そのアーカーシャは”ハート”だ。

自分の中に大宇宙を取り込むことは、
この肉体を宇宙のサイズに大きく広げていくことじゃない。

自分の内側に、大宇宙を取り入れることだ。

大いなる宇宙、そのスペースを自分の内側にもつ人は、
心の広い人、ハートの大きな人。

大宇宙の視野で地球を見たら、それはほんの小さな1点のしずくのようなもの。
でも、大宇宙によって内包された大切な一要素。

この宇宙には無数の星があり、無数の生き物がいて、それを内包する空間、
虚空を有する。ありのまま、そのままの状態で存在していいという許し、愛。

小宇宙の虚空を広げて、自分以外の存在、すべての生き物、物質的な存在を、
ありのまま包み込み受け入れるキャパシティをもつ。

私たちのハートが広がり、大きな心で、大きな視野で、起こる出来事を受け
止めれば、それは、大切な一要素であるけれど、取るに足らない小さなもの。

自分の中のスペースを広げること。
小宇宙の空間、虚空を大きくすること。

心を開いて、オープンに、そして大きく大きく拡大していきたい。

心の広い人になりたい。
ハートの大きなひとになりたい。


まだまだ、つたない理解です。
間違いがあるかもしれない。
でも、いまの時点で、私の心を大きく揺さぶったから、
そのままを書いてみました。

勉強会で学んでいることを、ここに残してシェアしたい、という
気持ちがあったんだけど、まだ不安があった。

でも、これからは、少しずつ書いてみようと思う。
分かち合いたい、と思う。

興味があるかたは、読んであげてください。

はる

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

Re: yoga kutir

izumiさん、コメントありがとう。
そういっていただけると、書いていてほっとします。
でも、あくまでも、いまの私の理解、というレベルなので、
それもご了承くださいね。

勉強会では、少しの間、じっと耳を傾けててください。
1−2ヶ月もすれば、あーあの話、うんなるほど、と思えることが
ぐっと増えてくるから。
そして、わからないことがあれば、遠慮せずにどんどん質問して、
そうすることで、あの場にいるみんなの学びがまた深まります。

2月の『Mani』のランチ勉強会では、いまやってるギーターの話を
シンプルにまとめてみるつもりです。ぜひ参加してね!

yoga kutir

はるさん、ありがとうございます。
まだ2回だけの参加で、先週は行けなかったので
実は続きはどうなっていたのか気になっていました。
全然みなさまの知識にはついていけてないのですが、
少しだけわかることがあったり、気づきがあったり…、
はるさんの言葉に訳してもらうと受け取りやすいので助かります。
宇宙の構成がインドの聖典とどうつながっていくのかなと
思いながら聞いていたのですが、「なるほど」って、
このブログでしっくりきました!

Re: No title

ありがと。

No title

i-1太字の文
うん!
プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。