スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイ(ティクナットハン師)から日本のみなさんへメッセージ

110216.jpg
Dear friends in Japan,

As we contemplate the great number of people who have died
in this tragedy, we may feel very strongly that we ourselves,
in some part or manner, also have died.

The pain of one part of humankind is the pain of the whole of humankind.
And the human species and the planet Earth are one body.
What happens to one part of the body happens to the whole body.

An event such as this reminds us of the impermanent nature of our lives.
It helps us remember that what's most important is to love each other,
to be there for each other, and to treasure each moment we have
that we are alive.

This is the best that we can do for those who have died: we can live
in such a way that they continue, beautifully, in us.

Here in France and at our practice centers all over the world,
our brothers and sisters will continue to chant for you, sending you
the energy of peace, healing and protection. Our prayers are with you.

Thich Nhat Hanh


日本の皆様へ、

今回の悲劇で亡くなった多くの方のことを想うと、ある部分、あるかたちで
我々自身も亡くなったのだと痛切に感じます。

人類の一部の苦しみは、全人類の苦しみです。また、人類と地球はひとつの
身体です。そのひとつの身体の一部に何かが起きれば全身にも起こります。

このような出来事は、命のはかなさ(無常)を我々に思い起こさせてくれます。

お互いを愛し合い、助け合い、人生の一瞬一瞬を大事に生きることが、我々に
とって一番大切なんだと。それが亡くなった人々へのなによりもの供養です。

彼らが我々の中で美しく生き続けれるように生きるのです。

フランス、そして世界各国のプラムヴィレッジ寺院(瞑想センター)から、
僧、尼僧、在家者の皆さんがともにお経をあげ、日本のみなさんに平安、
癒し、保護のエネルギーを送り続けています。

みなさまのためにお祈りしています。

ティク・ナット・ハン


**********************************************

この5月に、タイ(ティクナットハン師)の来日リトリートに参加します。
彼の教えに、直接触れることができることに、喜びを感じます。

フランスのプラムヴィレッジという瞑想センターでは、数時間ごとに
「気づきのベル」が鳴らされる。

そうすると、人々はすべての作業を中断し、そこに留まり、目を閉じ、
呼吸に気づき、微笑む。

いま、その瞬間にすべての気づきを、マインドフルネスの状態へ導かれる。

私はいま、余震を「気づきのベル」にしている。
揺れたとき、目を閉じ、深呼吸して、合唱して祈る。

できれば微笑む。

微笑みに対して、不謹慎と感じる人がいるかもしれない。
でも、まったく反対のことが起こる。

いま、この揺れが誘発したすべての不安や恐れを、
「微笑み」で溶かしていけるような気持ちになる。

そして、揺れを起こしている母なる大地への癒し
「あなたの力は十分に理解いたしました、静まりください」と
微笑みながら願うことができる。

いまの一瞬、一瞬を大切にいきる。
明日への保証はどこにもない。

命の終わりは、約束されたときに必ずくる。
それを不安がったり、恐れる必要はない。

それに気づきながら、微笑みながら生きるすべを、
身につけたいと私は思っている。

Om Shanti.

スポンサーサイト

comment

管理者にだけメッセージを送る

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。