スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甘酒 de ホットチョコレート&クッキングシェア予告♪

IMG_4916_20111209220354.jpg
冬になると、ものすごく飲みたくなるものがある。
それは、ホットチョコレート

去年は『Chili & Spice Hot Chocolate』にはまったんだけど、
今年は、また新しいハマリもの。

なんとこれ『甘酒ホットチョコレート』なんだよ。

甘酒に、ショウガとシナモンとピュアココアを入れて、
軽く煮立たせたらできあがり。

朝、クラスに行く前、
これ一杯、ゆっくり飲んで出かけると、
体がぽかぽかするんだー。ホント、はまりです!

胃にも腸にも、心にも(^^)優しい甘酒。

飲み始めて、はや3ヶ月

もうね、完全にアディクトです。
これなしでは生きていけない!

ということで、最近、クラスなんかでは、
ちょいちょい麹の話をしてるけど、

「さっそく麹買いましたー」っていう方と、
「WEBで調べたけど、なんか温度管理とか難しそうで」
という方に分かれますね。

確かに、炊飯器で作るのは、私も大変そうだな、って思っちゃう。

我が家には炊飯器がなかったので、
タニカのヨーグルティアを買っちゃったから、
本当に簡単に、毎日毎日、せっせと作り、せっせと飲んでます。

最近では、2kgの麹を取り寄せ、300g程度「塩麹」にして、
あとの1.7kgは甘酒に。

麹は”生き物”だから冷蔵保存でもって2週間。
だから、まずはせっせと甘酒にし、それを冷凍保存して、
順次飲んでます。

塩麹も10日ほどの常温発酵で、
それはそれは、美味しい漬物床になるし、
料理にも使えて、便利なコです。

甘酒は、そのまま飲んでも最高に美味しいけど、
こうしてココアを入れたり、煮た小豆を入れてみたり、
フルーツもいいし、カボチャなんかもすごくあう。

実験のつもりで、いろんなことやってたら、
どんどんバリエーションが広がってる感じ。

ということで、今度、年明け1月にでも、
麹で「おだやか家 クッキングシェア」しようかなー、
って計画中です。

予定は1月29日(日)、自宅なので定員6名ほど。

近々、詳細アップしますから、
興味ある方は、予定空けておいてくださいね!

Om Shanti.

『おだやか家』 女の手仕事

IMG_2465.jpg
みゅんだが見守る中・・・

『おだやか家』クッキングシェア、
記念すべき第1回目、楽しく終えることができました

当日に向け、完熟梅と赤紫蘇をそろえた我が家は、
甘い香りに満ちてました。

IMG_2459.jpg
赤紫蘇の仕込を見てもらいたくて、
ひと足先に漬け込んでた梅。

みんなに赤紫蘇の灰汁抜きを体験してもらって瓶へ。
1時間もすると、梅酢がキレイに色づき始めた。

IMG_2460.jpg
今年から、我が家の分はこの樽で多めにつけることにしたの。
なんだか、農家のおばちゃん風情があがり、
本格的な感じがして、私としては、かなりうれしい。

ちゃぶ台を囲み、女6人、竹串片手に梅仕事。
なんかね、「あぁ、コレだよ」って思った。

私たち女性は、遠い遠い昔から、
こうして輪になり、たわいもないおしゃべりしながら、
手仕事を楽しんでたんじゃないかな。

そして、その手から、その輪から、
家庭の衣食住を生み出してたんじゃないかな。

仲間とのつながりをつむいでいたんじゃないかな。

もちろん、ひとりで黙々と作業するのもいいけどね、
でも、みんなでやると時間も手間もずっと省ける。

で、やっぱり、なにより楽しい!
それがいいよ。

その楽しいエネルギーが梅に伝わり、
それが時間という場に流し込まれて、熟成していく。

梅干しにまつわる話をすると、
多くの人が「田舎のおばあちゃんがね・・・」と話し出す。

夏の縁側の風景を思い出す、という。
あの梅の香り、懐かしい、という。

それが、お母さんの代には受け継がれず、
残念ながら私たちの代にも届かず・・・、

女の手仕事が忘れされれるなんて、
そんなのもったいないよ。

時間を貫く伝統を、おばあちゃんの智慧を、
私は大切にしたいなー。

もっとたくさん知りたいし、もっと自分でやってみたい。

「おばあちゃんちの台所、おばあちゃんちの縁側」みたいな存在に、
『おだやか家』がなれればいいな、なんて思う。

各自、保存容器に1kg弱の梅たちを入れてお持ち帰り。
梅酢があがり、その後本漬け、そして土用干しへ。
みんな、梅たちを可愛がってあげてねー。

さてさて、梅仕事が終わった後は、待ちに待ったお昼ごはん。

わが38ファームからは、
とれたての枝豆、あと、にんじんの葉っぱ、バジル、など。
カズ、収穫ありがとう

201106281346000[2]
女将はるーたからは、
・ピーマンのガンモ詰め カレー風味
・紫蘇カボチャ
・にんじんの葉っぱのかき揚げ バジル風味
・とれたて枝豆
・小豆と金時豆の玄米

みんなからのお土産も
・玉ねぎの漬物
・ナスの煮浸し
・大根の漬物
・さくらんぼ

みんな、たくさん食べてくれて本当にありがとう。

私、この力みのないゆるーい会がとても気にいっちゃった。

思えばblog『おだやか家』をはじめてからもう2年。
最近はあんまりアップできてないけど、
密かに楽しみにしてくれるファンもいて、
本当に、女将はるーた、とても喜んでます。

みんなが、美味しい、美味しい、と言いながら、
たーくさん食べてくれる姿を見ると、
なんか、内側がふつふつと湧き上がるのよね。

うれしいわー。

みんなからのリクエストももらい、
次は秋ごろ、9月くらいに2回目ができたらいいな。

秋の手仕事といえば・・・
栗の渋皮煮(!?)、なんて話になったんだ、
私もやったことなから、みんなで一緒にやってみようか?

長野に住む友達のお母さんが作った渋皮煮の美味しさ、思い出した。
レシピを伝授してもらうかな

ということで、今回、来てくれたみんな、
本当にどうもありがとうございました!!

またねー。

はるーた、
愛を込めて。

プロフィール

はる

Author:はる
はるです。Sita(シータ)はアシュラムでいただいたスピリチュアルネーム。とても気に入ってます♪

ヨガを通して、ありのままの素の自分に出会える喜びを感じています。
現在、下北沢にあるクリパルジャパン-Yoga of Life-、Yoga Kutir『涼亭』(清澄庭園)、他に、ママとベビーのヨガサークル、NPO活動としてシニアヨガ、企業での福利厚生など、幅広い年代へヨガをシェアすることをライフワークとしています。

2012年4月、東京を離れ神奈川県の相模湖、藤野エリアへ移住。かねてからの願いだった自然と共存する暮らしにシフトしました。

・07.10月北インド・ウッタルカシでシバナンダヨガのTTCを修了。
・08.10月東京でクリパルヨガ教師養成コース修了。
・Yoga Fitシニアヨガ教師養成講座修了
・トラウマ アプローチ ヨガティーチャートレーニング修了
・クシマクロビオティックアドバンスト修了

カテゴリー
最近の記事
最近のコメント
以前のもの

2012/12 (11)

2012/11 (22)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (5)

2012/07 (20)

2012/06 (24)

2012/05 (22)

2012/04 (19)

2012/03 (12)

2012/02 (15)

2012/01 (11)

2011/12 (22)

2011/11 (20)

2011/10 (21)

2011/09 (20)

2011/08 (10)

2011/07 (29)

2011/06 (17)

2011/05 (29)

2011/04 (23)

2011/03 (43)

2011/02 (33)

2011/01 (23)

2010/12 (29)

2010/11 (31)

2010/10 (28)

2010/09 (20)

2010/08 (21)

2010/07 (25)

2010/06 (27)

2010/05 (19)

2010/04 (9)

2010/03 (19)

2010/02 (17)

2010/01 (18)

2009/12 (17)

2009/11 (17)

2009/10 (15)

2009/09 (16)

2009/08 (21)

2009/07 (19)

2009/06 (26)

2009/05 (16)

2009/04 (14)

2009/03 (7)

2009/02 (8)

2009/01 (9)

2008/12 (7)

2008/11 (9)

2008/10 (12)

2008/09 (9)

2008/08 (6)

2008/07 (7)

2008/06 (12)

2008/03 (6)

2008/02 (4)

2008/01 (3)

2007/11 (3)

2007/09 (1)

2007/08 (3)

2007/07 (10)

2007/06 (5)

リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。